ページの先頭です
メインメニューの先頭です

スチュワードシップ活動

スチュワードシップ哲学

アセットマネジメントOneは、スチュワードシップ責任を適切に果たすことが、日本の経済・社会に<豊かな実り>をもたらすと確信しております。お客さまと社会に貢献する運用機関として適切なスチュワードシップ活動を行い、社会の資源が最適に配分されることを促すことで、経済・社会の健全な発展に貢献したいと考えております。

エンゲージメント

エンゲージメントは議決権行使と並ぶスチュワードシップ活動の両輪であり、当社ではエンゲージメントをESGインテグレーションの中核的な取組みとして注力しています。
特に責任投資部では、一貫したアプローチ、充実した体制と社内外の有機的連携、詳細なエンゲージメント資料やきめ細かなプロセス管理など、特色のあるエンゲージメント活動を実施し、市場全体の底上げを図るべく取組みを強化しています。

アセットマネジメントOneのエンゲージメントの詳細はこちら

▶ アセットマネジメントOneのエンゲージメント

アセットマネジメントOneのエンゲージメント

議決権行使

  • 中長期的な株主利益の最大化
    当社はスチュワードシップ責任を果たす上で、議決権行使を最も重要な取組みの一つとして位置付けており、議決権行使を通じて、中長期的な株主利益の最大化を目的とした経営、および適切なガバナンスの下で、環境・社会にも配慮した経営を行うよう企業に求めています。
  • 議決権行使とエンゲージメントの一体化
    当社では、あらかじめ議案種別ごとに定めた議決権行使基準に基づき議案の判断を行いますが、単に形式的に判断するのではなく、投資先企業とのエンゲージメントに基づいて賛否判断を行うことを重視しております。エンゲージメントを議決権行使に反映させた事例については、次ページで紹介しています。
    また、法令違反等の不祥事や株主資本効率が低位にある場合など株主利益の中長期的な最大化を図る上で、慎重な判断を行う必要があることも考えられるため、適切に審議を行う態勢を構築しています。
  • 利益相反等の適切な管理と議案の審議
    議決権行使をはじめとしたスチュワードシップ活動全般に関する事項について、審議、報告を行う機関として「責任投資委員会」を設置しています。責任投資委員会では、利益相反の観点で最も重要な議案等の審議を行います。
    また、責任投資委員会の下部組織として設置した「議決権行使部会」では、当社の基準に基づき重要と判断された議案(利益相反の観点で最も重要な議案を除く)の審議を行っています。
  • アセットマネジメントOneの議決権行使における考え方等について

グローバルの取組み

グローバルイニシアティブにも積極的に参画し、海外の他の投資家とも連携しながら、最新の動向を踏まえて、グローバルなESG課題への取組みを進めています。
当社の責任投資の取組みは、PRI(責任投資原則)から「戦略及びガバナンス」でA+評価を受けるなど、高い評価を受けています。

アセットマネジメントOneのグローバルの取り組みについて

会社情報トップ

投資信託に関するお問い合わせは
コールセンターまでお電話ください

0120-104-694

受付時間は営業日の午前9時~午後5時です

当社では、サービス向上のため、お客さまとの電話内容を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。
当社は録音した内容について、厳重に管理し適切な取り扱いをいたします。

よくあるご質問はこちら

フッターの先頭です