ページの先頭です
メインメニューの先頭です

たわらノーロード 全世界株式
追加型投信/内外/株式(インデックス型)

たわらノーロード全世界株式 バナー

投資しよう!と決めたけれど、どのファンドに投資しよう・・・?そんなお悩みをお持ちではないですか?
大切なお金を預ける商品だからこそ、これだ!とピンとくるファンドに、出会いたいですよね。
ここでは、「たわらノーロード 全世界株式」が持つ魅力についてご紹介させていただきます。

 
拡大する世界経済の恩恵を、株式市場が享受すると考えられるから。

世界経済と株式市場の成長には関係性があるといわれています。過去の歴史をみると、先進国および新興国の名目GDP拡大におおむね歩調を合わせるように株式市場は拡大してきました。

2018年から2024年にかけて新興国の名目GDP(国内総生産)は1.5倍、先進国の名目GDPは1.3倍に拡大していくと予測されています。

先進国と新興国、両方の株式に投資をすることで、株式市場を通じて世界経済全体の成長を取り込んでいくというコンセプトから、「たわらノーロード 全世界株式」は生まれました。
 


なぜ「全世界株式」なの?
世界の名目GDPと世界株式の時価総額の推移
期間:1997年~2024年(年次、世界株式の時価総額は1997年~2018年)
名目GDPは2019年以降、予測値。ただし、2018年以前も一部予測値のデータを含む場合があります。
世界株式の時価総額は、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(米ドルベース)の時価総額を使用しています。
先進国、新興国の分類はIMF(国際通貨基金)の分類に準拠しています。
出所:IMF「World Economic Outlook Database, April 2019」、ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

※上記は過去の情報であり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

 
世界の大型株・中型株に広く投資するファンドです。

当ファンドはMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)(以下、「当指数」ということがあります。)に連動する投資成果を得ることを目的として運用を行います。

当指数は、世界の各市場の大型株・中型株に、各株式の時価総額(規模)に応じて投資する場合の株式市場の値動きを表しています。つまり、当ファンドを保有することで、世界の大型・中型株に幅広く投資するのと同様の効果を得ることが期待できます。

世界の株式市場の変化に合わせて当指数の構成銘柄も入れ替えられ、特定の国やテーマに集中投資しないことから、ファンドの内容が陳腐化する心配がありません。長期投資の手段の1つとしてご検討いただけます。
 


「たわらノーロード 全席株式」はどんなファンド?
【当指数の国・地域別組入比率】「当指数」の構成国・地域は49。米国など経済規模の大きい国の比率が相対的に高くなっています。
2019年7月末時点
当指数の国・地域別組入比率は四捨五入して表示しており、合計が100%にならない場合があります。
上記は当指数の組入比率であり、当ファンドのものとは異なります。
先進国・新興国の分類および国・地域はMSCIの定義に基づきます。
指数構成国・地域はイメージ図であり、すべてを正確に表したものではありません。
出所:MSCIのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

※上記は過去の情報であり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

 
まとまったお金が必要?いえいえ、積立投資で少額から、もいいものです。

長期で積立投資を行う場合、ある程度、1年当たりの値動きや投資リターンの振れ幅を抑える効果が期待できます。そのため、値動きが相対的に大きいと想定される外国株式比率の高いファンドであっても長期で積立投資を行うことは有効な選択肢の1つとなるのではないでしょうか。

当ファンドが連動を目指す当指数で、積立投資のシミュレーションをしてみましょう。
 


例:月々3万円を1999年8月末から2019年7月末まで20年間、当指数に積立投資した場合

  • 2019年7月末時点での投資金額の時価評価額 : 1,541万円
  • 積立元本(720万円)との差額(評価益) : 821万円
元本の2倍以上に増える試算
どんな風に買うのがおすすめ?~積立投資シミュレーション:毎月3万円を20年間投資してみると…?~
【当指数と積立時価評価金額・積立元本の推移】
期間:1999年8月末~2019年7月末(月次)
上記は、当指数に毎月末3万円ずつ積立投資を行ったと仮定した場合のシミュレーションであり、税金等諸費用は考慮していません。
当指数は1999年8月末を100として指数化しています。
当指数に直接投資することはできません。
出所:ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

※上記は過去の情報および試算であり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

まとまった資金を一括で投資するだけではなく、月々少額からでも
長い時間をかけて積立投資を行ってみてはいかがでしょうか。

まとまった資金を一括で投資するだけではなく、月々少額からでも長い時間をかけて積立投資を行ってみてはいかがでしょうか。

指数の著作権等:MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスに関する著作権、知的財産権その他一切の権利はMSCI Inc.に帰属します。また、MSCI Inc.は同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

特設サイトへリンク取扱販売会社はこちら

※タイトル項目の下の三角ボタン()をクリックするとその項目での並べ替えができます。

チェックを入れたファンドを一括で登録できます。

該当件数:1

基準日:2024/07/16

※サービスアイコンのご説明:

  • お気に入り登録
  • 基準価額メール配信登録
選択 投資対象 ファンド名
愛称
日経新聞掲載名
基準価額
(円)
前日比 純資産
総額
(億円)
直近
分配金
(円)
決算
回数
基準価額 サー
ビス
前日比
(円) (%)
内外株式 たわらノーロード 全世界株式
ら・全世界株
25,007 +54 +0.22 556.38 0 年1回

25,007円

+54円
(+0.22%)

  • ※前日比は前営業日との比較です。ETFで決算日が休日に該当する場合は、決算日前営業日の基準価額(分配落前)との比較となります。
  • ※ファンドの前日比の騰落率と実際の投資者利回りとは異なります。
  • ※表示桁未満の数値がある場合は四捨五入をしています。ただし、純資産総額、直近分配金は切り捨てで表示しています。また、日々決算ファンドの分配金表記について、0円未満は切り捨てで表示しています。
  • ※上記は過去の実績であり、将来の運用状況、成果等を示唆、保証するものではありません。また、税金・手数料等を控除しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。運用状況によっては分配金が支払われない場合があります。
  • ※基準価額、分配金は当初元本が1口=1円のファンドについては1万口当たりの価額を、1口=1万円のファンドについては1口当たりの価額を表示しています。また、ETFについては口数単位がファンドごとに異なります。詳しくは各ファンドの商品概要ページをご覧ください。
  • ※設定前のファンドは空欄となっています。

ファンド概要についての注意
資金動向、市況動向等によっては、上記の運用方針のような運用ができない場合があります。
投資信託への投資に際しての注意
本ウェブサイトは、アセットマネジメントOne株式会社が作成したものです。お申込に際しては、投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、または同時にお渡し致しますので、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資信託は、株式や債券等の値動きのある有価証券(外貨建資産には為替リスクもあります)に投資をしますので、市場環境、組入有価証券の発行者に係る信用状況等の変化により基準価額は変動します。このため、購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
本ウェブサイトは、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について同社が保証するものではありません。また、掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。 本ウェブサイトに掲載されている情報(リンクされている外部サイトの情報も含む)に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。本ウェブサイトの内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。本ウェブサイトに記載した当社の見通し等は、将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。
基準価額・分配金再投資基準価額・分配金込み基準価額は信託報酬控除後の価額です。当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たりの価額を、それ以外のファンドについては1口あたりの価額を表示しています。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。ただし、ETFの表記している口数については別途ご確認ください。分配金の表示数値は、基準価額の表示口数当たり課税前の金額です。表示方法については、公社債投信は小数点第二位まで、その他のファンドは整数部のみとしているため、実際の分配金額と表示上の差異が生じることがあります。
運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。投資信託は、預金等や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。加えて証券会社を通して購入していない場合には投資者保護基金の対象にもなりません。購入金額については元本保証および利回り保証のいずれもありません。投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合がありますが、これによる損失は購入者が負担することとなります。

投資信託に関するお問い合わせは
コールセンターまでお電話ください

0120-104-694

受付時間は営業日の午前9時~午後5時です

当社では、サービス向上のため、お客さまとの電話内容を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。
当社は録音した内容について、厳重に管理し適切な取り扱いをいたします。

よくあるご質問はこちら

フッターの先頭です