2024年1月から始まる新しいNISA制度。
新NISAは何が変わるの?いつから始めればいいの?
今のNISAはどうなる?
そもそも今のNISAってどんなのだっけ?
そんなお悩みを一つずつ解消していきましょう。

1

知ってますか?
新NISAのこと

2024年から始まる新しいNISA制度は、非課税投資枠の拡大、非課税保有期間の無期限化など、
これまでのNISA制度と比べて利便性が大きく向上しており、
今後の資産運用に欠かせないものとなりそうです。
現行NISA制度にはなかった新NISA制度のポイントを押さえておきましょう。

  • POINT 1

    非課税保有限度額の
    拡大

    これまでは、非課税保有限度額が一般NISAは600万円(年間120万円×5年間)、つみたてNISAは800万円(年間40万円×20年間)でしたが、新NISAでは全体で1,800万円まで大幅に引き上げられます。
    そのうち成長投資枠で投資できるのは最大1,200万円までです。

  • POINT 2

    非課税保有期間が
    無期限に

    これまで、つみたてNISAは最長20年、一般NISAは最長5年と有限だった非課税保有期間が、新NISAでは無期限化(恒久化)され、これまでよりも長期的な投資が可能になります。

  • POINT 3

    非課税投資枠の
    再利用が可能

    現行NISAでは保有している商品を売却しても非課税投資枠は再利用できませんでした。しかし、新NISAでは売却した分の投資枠(簿価分)がその翌年以降、再利用が可能となります。

新NISAのポイントを3つお伝えしましたが、新NISAは現行NISAと比べて利便性が大きく向上します。
特に非課税投資枠が拡大されたり、制度の恒久化が図られている点が特徴です。
主な変更点や新NISAの制度をしっかりと学んで、
今後の資産形成に新NISAを上手に活用していきましょう。

新NISAの制度
ついてのコラム一覧

2

新NISAの
活用方法を知ろう

新NISAでは、つみたて投資枠と成長投資枠という2つの枠が併用できます。年間投資枠はつみたて投資枠が120万円、成長投資枠が240万円で、最大で年間360万円が非課税投資枠となります。それぞれの枠で投資できる商品は、つみたて投資枠は現行のつみたてNISA対象商品と同様で積立・分散投資に適した一定の投資信託、成長投資枠は現行の一般NISAと同様に上場株式・投資信託等(ただし、除外条件あり)となっています。
現行NISAではつみたてNISAか一般NISAかは1年ごとの選択制でしたが、新NISAではつみたて投資枠と成長投資枠を同時に利用することができ、より柔軟な投資が可能になります。ライフスタイルや投資に回せる金額、リスク許容度などを踏まえて上手く活用しましょう。

老後や将来のために
お金を準備したいあなた

つみたて投資枠を
中心に活用

将来のための資産形成は、毎月の収入からコツコツ積み立てるのが基本です。
非課税保有限度額1,800万円の内600万円は「つみたて投資枠」でしか投資できません。このため、購入する商品がまだ決まっていないのであれば、まずはつみたて投資枠の対象商品から探してみるのも良いでしょう。

自由に投資が
したいあなた

成長投資枠を
中心に活用

幅広い選択肢から商品を検討したい、投資タイミングをより柔軟に決めたいと考えるなら「成長投資枠」を活用しましょう。
つみたて投資枠の対象外の商品も購入でき、より積極的な利益を目指すことも、逆により安定的な利益を目指すことも可能です。

投資をする目的やライフスタイルに合わせて、「つみたて投資枠」「成長投資枠」
どちらをどのように使っていくのか
最適な活用方法を
見つけていきましょう。

新NISAの活用方法
ついてのコラム一覧

3

スペシャルコンテンツ

投資の第一歩をなかなか踏み出せないというあなたにスペシャルコンテンツをご用意しました!
「なんでみんな投資するの?」「年収が低くても投資できる?」「どうやってファンドを選べばいい?」など、投資を始める際に誰もが気になる疑問や、「ファンドを実際に保有している人の生の声を聴きたい!」といったご要望に、一足先に投資を始めた「先輩」がおこたえします。
ぜひ、投資を始めるための参考としてお役立てください。

※本ページの内容は公開日時点の情報となります。法令や情報などは更新されていることもありますので、最新情報を確かめていただくようお願いいたします。

TOPへ戻る