ページの先頭です
メインメニューの先頭です

マーケットカレンダー

マーケットカレンダー

6月

日付主な経済指標・出来事等レポート
1日(水)

米ISM製造業景況指数
米JOLT求人件数

5月の米消費者信頼感指数は低下も予想を上回る
2日(木)

欧PPI

米ISM製造業指数は予想に反し上昇も、注意が必要
3日(金)

米雇用統計
米ISM非製造業景況指数

米求人件数は3ヵ月ぶりに減少。前月は過去最高
4日(土)    
5日(日)    
6日(月)

中PMIサービス業

雇用統計で米金利上昇も、勢いを失う
7日(火)

日家計支出

米非製造業景気指数は1年3ヵ月ぶりの低水準
8日(水)

日国際収支
日東京オフィス空室率

米貿易赤字は過去最大だった前月から大幅に縮小
9日(木)

中貿易収支
欧ECB理事会

米国の景気後退の可能性について見方が分かれる
10日(金)

米CPI
米ミシガン大学消費者マインド

米新規失業保険申請件数に増加の兆し。注視が必要
11日(土)    
12日(日)    
13日(月)

英製造業指数

予想以上の物価上昇で米金利急上昇、米国株急落
14日(火)

米PPI
米FOMC(~15日)

13日の米国株急落・米金利急上昇について
15日(水)

米小売売上高
米NY連銀製造業景気指数

FRBが政策金利の0.75ポイント引き上げを決定
為替市場で米ドル円が約24年ぶりに135円台半ばに下落
米生産者物価指数は前年比では2ヵ月連続伸び鈍化
16日(木)

日貿易収支
米住宅着工件数

英国およびスイスの中央銀行が利上げを決定
パウエル議長会見後、米国債と株式に買い戻しか
17日(金)

欧CPI
米先行指数

米小売の堅調さが勢いを失う可能性に注意が必要
18日(土)    
19日(日)    
20日(月)

独PPI

パウエル議長は消費者の予想物価上昇率も重視
21日(火)

米中古住宅販売件数

足もとの米住宅市場は失速気味の動きに
22日(水)

欧消費者信頼感
英CPI

米国製造業は足もと総じて一服気味の動き
23日(木)

米経常収支

経済指標悪化でも米金利は上昇基調継続できるか
24日(金)

独IFO企業景況感指数
米新築住宅販売件数

米中古住宅販売の減速が明確に
25日(土)    
26日(日)    
27日(月)

中工業利益

米新築住宅販売は予想に反し、今年初めて増加
28日(火)

米消費者信頼感指数

米独製造業の悪化に転じる可能性に注意が必要
29日(水)

日小売売上高

 
30日(木)

英ロイズ景気指数
米個人支出

 

メインページへ

ファンド概要についての注意
資金動向、市況動向等によっては、上記の運用方針のような運用ができない場合があります。
投資信託への投資に際しての注意
本ウェブサイトは、アセットマネジメントOne株式会社が作成したものです。お申込に際しては、投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、または同時にお渡し致しますので、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資信託は、株式や債券等の値動きのある有価証券(外貨建資産には為替リスクもあります)に投資をしますので、市場環境、組入有価証券の発行者に係る信用状況等の変化により基準価額は変動します。このため、購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
本ウェブサイトは、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について同社が保証するものではありません。また、掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。 本ウェブサイトに掲載されている情報(リンクされている外部サイトの情報も含む)に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。本ウェブサイトの内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。本ウェブサイトに記載した当社の見通し等は、将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。
基準価額・分配金再投資基準価額・分配金込み基準価額は信託報酬控除後の価額です。当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たりの価額を、それ以外のファンドについては1口あたりの価額を表示しています。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。ただし、ETFの表記している口数については別途ご確認ください。分配金の表示数値は、基準価額の表示口数当たり課税前の金額です。表示方法については、公社債投信は小数点第二位まで、その他のファンドは整数部のみとしているため、実際の分配金額と表示上の差異が生じることがあります。
運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。投資信託は、預金等や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。加えて証券会社を通して購入していない場合には投資者保護基金の対象にもなりません。購入金額については元本保証および利回り保証のいずれもありません。投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合がありますが、これによる損失は購入者が負担することとなります。

投資信託に関するお問い合わせは
コールセンターまでお電話ください

0120-104-694

受付時間は営業日の午前9時~午後5時です

当社では、サービス向上のため、お客さまとの電話内容を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。
当社は録音した内容について、厳重に管理し適切な取り扱いをいたします。

よくあるご質問はこちら

フッターの先頭です