ページの先頭です
メインメニューの先頭です

マーケットレポート

マーケットが大きく動いたときや、政治・経済のイベントが起きた際に、タイムリーに解説するレポートを発行します。また、最近話題となっている資産や気になるトピックスなどについても取り上げます。

マーケットレポートをFacebookで

フォロー

2020年11月

掲載日 タイトル
2020/11/25 米消費者は6ヵ月先の期待が大きく低下PDFPDF(843KB)
2020/11/24 インドネシア中銀が4カ月ぶりの利下げPDFPDF(995KB)
2020/11/24 米製造業関連指標の動向に注視が必要PDFPDF(812KB)
2020/11/20 トルコ中銀が新総裁の下、リラ防衛のため大幅利上げPDFPDF(937KB)
2020/11/20 米国経済の当面の動向に注意が必要かPDFPDF(920KB)
2020/11/19 米一戸建て住宅の着工件数は13年半ぶりの高水準PDFPDF(807KB)
2020/11/18 パウエル議長は向こう数ヵ月厳しい状況との見方PDFPDF(839KB)
2020/11/17 コロナ・ショック後の高値を更新した米国REITPDFPDF(979KB)
2020/11/17 米製造業景況感の低下の可能性に留意が必要PDFPDF(803KB)
2020/11/16 日本の2020年7-9月期の経済成長率は、4-6月期の大幅なマイナスから急回復PDFPDF(971KB)
2020/11/16 S&P500種指数過去最高値も米景気悪化に注意PDFPDF(967KB)
2020/11/13 今後の米長期金利動向に注目PDFPDF(832KB)
2020/11/12 新興国市場が堅調、今後の動向に注目PDFPDF(921KB)
2020/11/11 米中小企業経営者の懸念は前回選挙以来の高水準PDFPDF(814KB)
2020/11/10 14年ぶり高水準から米貿易赤字は減少PDFPDF(833KB)
2020/11/09 米雇用改善の鈍化傾向が景気先行き懸念の可能性にPDFPDF(835KB)
2020/11/06 オーストラリア準備銀行が追加金融緩和を決定、豪ドルの上昇圧力を抑制かPDFPDF(1,145KB)
2020/11/06 米大統領選はバイデン氏が優勢、議会上院は共和党が過半数を維持する見通しが強まるPDFPDF(1,094KB)
2020/11/06 米国非製造業の雇用動向に伸び悩みもPDFPDF(909KB)
2020/11/05 大統領選挙の投票日通過で米国株は上昇PDFPDF(952KB)
2020/11/04 各国製造業関連指標の今後の動向に注視が必要PDFPDF(886KB)
2020/11/02 足もとで米ハイテク株の下落が加速PDFPDF(975KB)

2020年10月

掲載日 タイトル
2020/10/30 米国の実質GDPは2020年7-9月期に急速に回復PDFPDF(938KB)
2020/10/30 中国の次期5カ年計画は内需振興が柱にPDFPDF(1,100KB)
2020/10/30 各国の製造業関連指標の動きに鈍化傾向PDFPDF(828KB)
2020/10/29 日銀は、企業金融支援策および市場安定化策を継続する方針PDFPDF(910KB)
2020/10/29 28日の欧米株式市場の大幅下落についてPDFPDF(972KB)
2020/10/28 米消費者信頼感は予想外の低下PDFPDF(822KB)
2020/10/27 米住宅販売は新築、中古ともに高水準PDFPDF(820KB)
2020/10/26 新型コロナ感染拡大による失業者増加に注意が必要PDFPDF(833KB)
2020/10/23 短期的に米経済を左右する政治動向に注意が必要PDFPDF(934KB)
2020/10/22 企業決算上方修正も米国株は軟調に推移PDFPDF(922KB)
2020/10/21 米住宅着工件数の先行指標は13年半ぶりの高水準PDFPDF(802KB)
2020/10/20 米鉱工業生産指数は5ヵ月ぶりに低下PDFPDF(805KB)
2020/10/19 中国経済は回復を続け、通年でもプラス成長に転換PDFPDF(945KB)
2020/10/19 米小売売上高は5ヵ月連続プラス、今後に懸念もPDFPDF(855KB)
2020/10/16 米中小企業経営者の先行き懸念は根強いかPDFPDF(815KB)
2020/10/15 大統領選挙後の米長期金利動向に注目PDFPDF(855KB)
2020/10/14 IMFは世界経済見通しを前回から上方修正PDFPDF(361KB)
2020/10/14 IMFは世界経済の成長予測を0.8%引き上げPDFPDF(827KB)
2020/10/13 米企業業績は来年改善予想も割高感がみられるPDFPDF(946KB)
2020/10/12 郵便投票増加による選挙結果の後ずれに留意が必要PDFPDF(829KB)
2020/10/09 米新規失業保険申請件数の減少は足踏み状態にPDFPDF(803KB)
2020/10/08 オーストラリアの2020-21年度予算は過去最大の財政赤字となる中、金融政策への期待が高まるPDFPDF(756KB)
2020/10/08 米個人所得減少も追加経済対策は見込み薄かPDFPDF(853KB)
2020/10/07 各国非製造業の動向に引き続き注視が必要かPDFPDF(894KB)
2020/10/06 米雇用改善の鈍化傾向に注意が必要PDFPDF(823KB)
2020/10/05 トランプ大統領コロナ感染の米国株への影響PDFPDF(974KB)
2020/10/02 米製造業景気指数は予想に反し5ヵ月ぶり低下PDFPDF(854KB)
2020/10/01 日銀短観:企業景況感は持ち直し、景気の底打ちを確認。ただし、戻りは鈍く、先行きには慎重な見方もPDFPDF(392KB)
2020/10/01 米中古住宅販売の先行指標は4ヵ月連続で上昇PDFPDF(789KB)

2020年9月

掲載日 タイトル
2020/09/30 9月の米消費者信頼感指数は予想以上の上昇PDFPDF(847KB)
2020/09/29 各国企業関連指標の動向に注視が必要かPDFPDF(836KB)
2020/09/28 29日の米大統領候補によるテレビ討論会に注目PDFPDF(942KB)
2020/09/25 トルコ中銀がリラ防衛のため2018年以来の利上げPDFPDF(948KB)
2020/09/25 メキシコ中銀は0.25%の利下げを決定、緩和継続の可能性を排除せずPDFPDF(767KB)
2020/09/25 米住宅販売は当面、好調継続が予想されるPDFPDF(812KB)
2020/09/24 米経済指標の今後の動向に注視が必要PDFPDF(915KB)
2020/09/23 米住宅市場は一戸建て中心に拡大が見込まれるPDFPDF(793KB)
2020/09/18 8月の米小売「コア」売上高は予想に反しマイナスPDFPDF(836KB)
2020/09/17 FOMC好感も米ハイテク株は下落に転じるPDFPDF(925KB)
2020/09/16 米自動車産業や製造業雇用の動向に注視が必要PDFPDF(808KB)
2020/09/15 16日発表のFOMC声明の内容に注目PDFPDF(838KB)
2020/09/14 足もとの米ハイテク株下落についてPDFPDF(968KB)
2020/09/11 米雇用改善鈍化のなか、大統領選挙で与野党に溝PDFPDF(860KB)
2020/09/10 雇用改善も米企業の採用活動などに不安定さPDFPDF(804KB)
2020/09/09 米貿易赤字急拡大も貿易全体の持ち直しは限定的PDFPDF(828KB)
2020/09/08 米非製造業の足もとの勢いに鈍化傾向PDFPDF(882KB)
2020/09/07 8日の米国株式市場下落の可能性に注意が必要PDFPDF(950KB)
2020/09/04 3日の米国株大幅下落についてPDFPDF(960KB)
2020/09/03 4-6月期のオーストラリア経済は前期比▲7.0%と記録的な落ち込みPDFPDF(1,030KB)
2020/09/03 コロナ禍の影響により、4-6月期のブラジル経済は大幅に悪化PDFPDF(975KB)
2020/09/03 各国経済の基調改善も今後の動向が重要かPDFPDF(905KB)
2020/09/02 米製造業景気指数回復も雇用動向に留意PDFPDF(887KB)
2020/09/01 FRBは物価安定より雇用拡大重視へPDFPDF(827KB)

2020年8月

掲載日 タイトル
2020/08/31 安倍首相が辞任を表明PDFPDF(1,178KB)
2020/08/31 目先の国内株は不安定も、その後は持ち直しかPDFPDF(894KB)
2020/08/28 米製造業の先行きに不透明感もPDFPDF(903KB)
2020/08/27 8月の米消費者信頼感指数は予想外の低下PDFPDF(836KB)
2020/08/26 米新築住宅販売好調で住宅建設株は大幅上昇PDFPDF(900KB)
2020/08/25 米中古住宅販売は当面、堅調さが予想されるPDFPDF(824KB)
2020/08/24 米国株式市場で超大型成長株のパフォーマンス良好PDFPDF(991KB)
2020/08/21 米経済指標は総じて改善の勢いが鈍化傾向にPDFPDF(924KB)
2020/08/20 FOMC議事要旨公表後、NYダウは下落PDFPDF(1,150KB)
2020/08/19 足もとの米住宅市場に記録的な勢いPDFPDF(808KB)
2020/08/18 NY連銀製造業景気指数は予想を上回る落ち込みPDFPDF(811KB)
2020/08/17 日本の2020年4-6月期の経済成長率は記録的な落ち込みPDFPDF(980KB)
2020/08/17 米小売売上高は3ヵ月連続プラスも伸び鈍化PDFPDF(858KB)
2020/08/14 メキシコ中銀は前回会合に続き0.50%の利下げを決定、今後も緩和サイクルを継続する見通しPDFPDF(784KB)
2020/08/14 米雇用動向を左右する政治動向に留意が必要PDFPDF(810KB)
2020/08/13 当面、米金利は上昇しにくい展開かPDFPDF(828KB)
2020/08/12 米雇用持ち直しの兆しも今後の動向に注視PDFPDF(813KB)
2020/08/11 米雇用統計発表以降、市場に逆の動きPDFPDF(930KB)
2020/08/07 オーストラリア準備銀行は経済見通しを下方修正PDFPDF(1,078KB)
2020/08/07 ユーロ高に連れた円高の可能性に留意が必要PDFPDF(839KB)
2020/08/06 ブラジル中銀は0.25%の利下げを決定、追加利下げの可能性をなお残すPDFPDF(790KB)
2020/08/06 米非製造業の新規受注指数が過去最高を記録PDFPDF(882KB)
2020/08/05 NY金先物が初めての2,000ドル超えPDFPDF(940KB)
2020/08/04 米製造業景気指数は1年4ヵ月ぶりの水準回復PDFPDF(877KB)
2020/08/03 特別失業給付制度について米議会の動向に注目PDFPDF(867KB)

2020年7月

掲載日 タイトル
2020/07/31 米国の実質GDP成長率(2020年4-6月期)PDFPDF(1,064KB)
2020/07/31 米雇用持ち直しの兆しが腰折れする可能性もPDFPDF(801KB)
2020/07/30 FRBは現行の金融政策の維持を決定、金融政策運営の見直しは次回会合以降に持ち越しPDFPDF(1,098KB)
2020/07/30 FOMC好感も先行き不透明感は依然強いPDFPDF(943KB)
2020/07/29 当面の米金利は低水準での推移が予想されるPDFPDF(817KB)
2020/07/28 米中独の製造業に持ち直しの動きPDFPDF(835KB)
2020/07/27 米住宅販売は当面、回復基調が予想されるPDFPDF(806KB)
2020/07/22 米国の超大型成長企業の決算内容に注目PDFPDF(949KB)
2020/07/21 米住宅市場は一戸建て主導の回復が期待されるPDFPDF(803KB)
2020/07/20 NY金先物は8年10ヵ月ぶりの高値近辺PDFPDF(928KB)
2020/07/17 インドネシア中銀が2カ月連続の利下げPDFPDF(983KB)
2020/07/17 米小売売上高は大幅増も雇用回復は緩慢PDFPDF(832KB)
2020/07/16 中国の実質GDP成長率はプラス圏に転換PDFPDF(911KB)
2020/07/16 米鉱工業生産は前月比で1959年以来の高い伸びPDFPDF(819KB)
2020/07/15 日銀は、強化してきた企業金融支援策を継続する方針PDFPDF(914KB)
2020/07/15 米景気持ち直しなら小型株などの動向に注目PDFPDF(931KB)
2020/07/14 グラフでみる年初来の株・為替パフォーマンスPDFPDF(1,000KB)
2020/07/13 今後の米企業業績動向に注視が必要PDFPDF(944KB)
2020/07/10 米失業追加給付期限切れ後の動向に注視が必要PDFPDF(851KB)
2020/07/09 コロナ感染拡大のなか、新興国株式の動向に注目PDFPDF(949KB)
2020/07/08 米労働市場改善も引き続き注視が必要かPDFPDF(815KB)
2020/07/07 今後の米中非製造業の雇用動向に注目PDFPDF(867KB)
2020/07/06 香港自治法案をめぐり人民元の動向に留意が必要PDFPDF(859KB)
2020/07/03 雇用改善でもNYダウは上値の重い展開かPDFPDF(919KB)
2020/07/02 各国製造業の景況感に持ち直しの兆しPDFPDF(881KB)
2020/07/01 日銀短観:企業景況感は大幅な冷え込み。景気の最悪期は過ぎつつあるとみられるが、先行きの見方は慎重PDFPDF(387KB)
2020/07/01 米金利は上昇しにくい展開が見込まれるPDFPDF(826KB)

2020年6月

掲載日 タイトル
2020/06/30 米中古住宅販売の先行指標は過去最大の上昇率PDFPDF(811KB)
2020/06/29 米国株大幅下落で目先、節目を維持できるかPDFPDF(996KB)
2020/06/26 メキシコ中銀は0.50%の利下げを決定、緩和サイクルは継続する見通しPDFPDF(954KB)
2020/06/26 独米の企業景況感に持ち直しの動きPDFPDF(823KB)
2020/06/25 IMFは世界経済見通しをさらに下方修正PDFPDF(356KB)
2020/06/25 IMF経済見通し引き下げも欧米と日中に差PDFPDF(861KB)
2020/06/24 米住宅販売はまちまちも、今後持ち直しの可能性PDFPDF(825KB)
2020/06/23 米経済指標の動向に今後も注視が必要PDFPDF(919KB)
2020/06/22 米国株高のなか、投資家の慎重な姿勢がみられるPDFPDF(944KB)
2020/06/19 インドネシア中銀が3カ月ぶりに追加利下げPDFPDF(1,002KB)
2020/06/19 米住宅市場の今後の動向に期待PDFPDF(814KB)
2020/06/18 ブラジル中銀は0.75%の利下げを決定、追加利下げの可能性を排除せずPDFPDF(992KB)
2020/06/18 米製造業の持ち直しは雇用や小売と比べ限定的PDFPDF(845KB)
2020/06/17 米小売売上高は前月比で過去最大の伸びPDFPDF(826KB)
2020/06/16 米金利は当面、低水準で推移するとみられるPDFPDF(836KB)
2020/06/15 当面、市場の変動性拡大の可能性に注意が必要PDFPDF(1,137KB)
2020/06/12 6月11日の日米株式市場急落についてPDFPDF(969KB)
2020/06/11 FRBは現行の資産買い入れペースの維持を決定、経済見通しはゼロ金利政策の長期化を示唆PDFPDF(1,083KB)
2020/06/11 米金融緩和策が米経済の回復を支えるかPDFPDF(941KB)
2020/06/10 目先、米中小企業や求人件数などの動向に注目PDFPDF(817KB)
2020/06/09 米中関係悪化のなか人民元の動向に留意が必要PDFPDF(820KB)
2020/06/08 予想外の雇用改善で米国株大幅上昇PDFPDF(917KB)
2020/06/05 ECBは資産購入額を6,000億ユーロ増額PDFPDF(1,098KB)
2020/06/05 今後の米企業業績動向が注目されるPDFPDF(926KB)
2020/06/04 米国非製造業の今後の動向が注目されるPDFPDF(879KB)
2020/06/03 1-3月期のオーストラリア経済は前期比▲0.3%のマイナス成長PDFPDF(1,074KB)
2020/06/03 米ハイテク企業などは過去との比較で割高といえずPDFPDF(985KB)
2020/06/02 各国製造業の回復は緩慢も今後の動向に注目PDFPDF(879KB)
2020/06/01 国内株は米国株などと比べ割安感もPDFPDF(935KB)

2020年5月

2020年4月

2020年3月

掲載日 タイトル
2020/03/31 3月30日の日米株式市場動向についてPDFPDF(926KB)
2020/03/30 インド中銀が緊急利下げPDFPDF(866KB)
2020/03/30 3月27日の日米株式市場動向についてPDFPDF(940KB)
2020/03/24 新型コロナウイルス等の影響を鑑み、メキシコ中銀は予定を前倒し、0.50%の利下げ等を決定PDFPDF(941KB)
2020/03/23 インドネシア中銀は2カ月連続の利下げPDFPDF(988KB)
2020/03/23 一段とリスク回避の売りが集まり急落となったJ-REITPDFPDF(755KB)
2020/03/23 米国による景気刺激策を注視する必要PDFPDF(973KB)
2020/03/19 オーストラリア準備銀行が臨時で0.25%利下げ 景気下支えに向け、非伝統的な金融緩和措置も導入PDFPDF(1,125KB)
2020/03/19 ブラジル中銀は0.50%の利下げを決定、今後、追加利下げに追い込まれる可能性もPDFPDF(988KB)
2020/03/19 厳しい需給環境下で下落基調を強めるJ-REITPDFPDF(772KB)
2020/03/19 3月18日の日米株式市場下落と日本銀行ETF買入PDFPDF(976KB)
2020/03/18 トルコ中銀も会合を前倒しして、追加利下げPDFPDF(934KB)
2020/03/18 株式だけでなく、米金利の動向にも注目する必要PDFPDF(851KB)
2020/03/17 3月16日の日米株式市場の下落についてPDFPDF(962KB)
2020/03/16 日銀は、金融政策決定会合を前倒しで開催し、ETF・J-REITの買い入れ増加ペースの拡大などを決定PDFPDF(951KB)
2020/03/16 FRBが緊急利下げと大規模な資産買い入れ等を決定PDFPDF(989KB)
2020/03/16 FRBが政策金利を緊急で1.0%利下げPDFPDF(952KB)
2020/03/13 新型コロナウイルス感染拡大により急落するJ-REITPDFPDF(802KB)
2020/03/13 日米株式市場の急落についてPDFPDF(942KB)
2020/03/13 英中銀は緊急利下げ、ECBは的を絞った金融緩和PDFPDF(919KB)
2020/03/13 緩慢な物価や賃金の米経済への影響に留意が必要PDFPDF(833KB)
2020/03/12 NYダウよりS&P500種指数の動きに注目PDFPDF(982KB)
2020/03/11 為替ヘッジ付き外債は過去最高値を更新PDFPDF(794KB)
2020/03/11 原油価格は一旦持ち直すかPDFPDF(961KB)
2020/03/10 9日の世界的な株式市場急落についてPDFPDF(953KB)
2020/03/09 米国ハイイールド債の投資環境 2020/03月号PDFPDF(538KB)
2020/03/09 9日の国内株急落についてPDFPDF(938KB)
2020/03/09 米国株は一旦の落ち着き処を探ろうとする動きかPDFPDF(935KB)
2020/03/06 米個人所得は高い伸びも個人消費は鈍化PDFPDF(833KB)
2020/03/05 新型ウイルスの流行を受けカナダ中銀も利下げPDFPDF(880KB)
2020/03/05 大幅下落後に落ち着きを取り戻しつつあるJ-REITPDFPDF(809KB)
2020/03/05 米非製造業景気指数が1年ぶりの水準を回復PDFPDF(877KB)
2020/03/04 FRBは緊急利下げを決定PDFPDF(972KB)
2020/03/04 オーストラリア経済は新型コロナウイルス感染拡大による下押し圧力を受けるも、政府・中央銀行が協力して対処へPDFPDF(992KB)
2020/03/04 市場は波乱の展開もVIXの動向が注目されるPDFPDF(980KB)
2020/03/03 指数低下も米中製造業の動向が注目されるPDFPDF(869KB)
2020/03/02 世界の株式市場は短期的に反発が期待されるPDFPDF(997KB)

2020年2月

掲載日 タイトル
2020/02/28 米住宅販売堅調も在庫が低水準にPDFPDF(806KB)
2020/02/27 今後の米経済指標の動向に注視が必要PDFPDF(825KB)
2020/02/26 市場とFRBで利下げの見方にずれもPDFPDF(946KB)
2020/02/25 25日の国内株急落についてPDFPDF(956KB)
2020/02/25 24日の米国株急落、金利大幅低下についてPDFPDF(936KB)
2020/02/21 インドネシア中銀が4カ月ぶりの利下げPDFPDF(987KB)
2020/02/21 米住宅着工の先行指標がおよそ13年ぶりの高水準PDFPDF(798KB)
2020/02/20 トルコ中銀は6会合連続の利下げPDFPDF(933KB)
2020/02/20 巨大市場インドの魅力ー世界最大となる人口大国の未来ーPDFPDF(4,441KB)
2020/02/20 米利下げ期待は根強いとみられるPDFPDF(932KB)
2020/02/19 米製造業の持ち直しが期待されるPDFPDF(1,062KB)
2020/02/18 米国REITは安定した動きの中で過去最高値を更新PDFPDF(875KB)
2020/02/18 米国株は業績上方修正の後を追うかたちで上昇PDFPDF(953KB)
2020/02/17 日本の2019年10-12月期は大幅なマイナス成長にPDFPDF(950KB)
2020/02/17 米小売売上高の当面の動向に注視が必要かPDFPDF(818KB)
2020/02/14 メキシコ中銀は5会合連続での利下げ実施PDFPDF(922KB)
2020/02/14 米国では物価や賃金の伸びが緩慢にPDFPDF(825KB)
2020/02/13 米雇用のひっ迫の度合いは緩みつつある可能性もPDFPDF(795KB)
2020/02/12 当面の米金利は上昇しにくいと予想されるPDFPDF(832KB)
2020/02/10 米国ハイイールド債の投資環境 2020/02月号PDFPDF(1,418KB)
2020/02/10 雇用大幅増加も米国株式市場は下落PDFPDF(922KB)
2020/02/07 オーストラリア準備銀行は干ばつや山火事などを考慮して短期経済見通しを引き下げPDFPDF(1,111KB)
2020/02/07 2019年の米貿易赤字は6年ぶりに減少PDFPDF(842KB)
2020/02/06 ブラジル中銀は5会合連続の利下げを決定も、今回をもって利下げの打ち止めを示唆PDFPDF(974KB)
2020/02/06 今後の各国景気指数の動向には留意が必要PDFPDF(891KB)
2020/02/05 足もとの米個人消費の伸びは総じて緩やかかPDFPDF(816KB)
2020/02/04 米製造業の景気指数が半年ぶりに好転PDFPDF(876KB)
2020/02/03 1月31日の米国株大幅下落と当面の見通しPDFPDF(981KB)

2020年1月

掲載日 タイトル
2020/01/31 米国の実質GDP成長率(2019年10-12月期)PDFPDF(957KB)
2020/01/31 米消費者信頼感は堅調も、個人消費は減速PDFPDF(844KB)
2020/01/30 FRBは前回会合に続き政策金利の据え置きを決定PDFPDF(1,113KB)
2020/01/30 米利下げ期待強まる。変動性拡大には注意PDFPDF(949KB)
2020/01/29 米住宅販売は総じて堅調さが継続かPDFPDF(797KB)
2020/01/28 新型ウイルスと株式市場大幅下落PDFPDF(961KB)
2020/01/27 今後の米経済指標の動向に注意を向ける必要もPDFPDF(905KB)
2020/01/24 最高値更新後も好業績が続く米国REITに期待PDFPDF(861KB)
2020/01/24 中国やブラジルといった新興国の経済動向に注目PDFPDF(865KB)
2020/01/23 米求人関連指標の低下傾向には留意が必要PDFPDF(800KB)
2020/01/22 米賃金動向に注意を払う必要があると思われるPDFPDF(798KB)
2020/01/21 日銀は、政策金利のフォワードガイダンスを含め、金融政策を維持PDFPDF(1,150KB)
2020/01/21 米製造業景況感は今後改善に向かうと予想されるPDFPDF(804KB)
2020/01/20 米住宅着工件数は13年ぶりの高水準PDFPDF(799KB)
2020/01/17 中国経済に安定化の兆しが見られる2020年の経済政策は更なる安定化に向けたものにPDFPDF(1,180KB)
2020/01/17 トルコ中銀は5会合連続の利下げPDFPDF(940KB)
2020/01/17 米国株最高値も金利上昇は小幅なものにPDFPDF(785KB)
2020/01/16 米国株過熱感で今後の企業業績動向に注目PDFPDF(929KB)
2020/01/15 物価の伸び緩慢で米利下げの見方は根強いかPDFPDF(806KB)
2020/01/14 今後の米金利は上昇しにくい展開が見込まれるPDFPDF(818KB)
2020/01/10 2020年のマーケットの見通しPDFPDF(4,256KB)
2020/01/10 米中正式合意目前も今後の協議の行方に注目PDFPDF(816KB)
2020/01/09 米消費者信頼感が堅調のなか米金利動向に注目PDFPDF(827KB)
2020/01/08 米企業景況感の悪化懸念は後退へ向かうかPDFPDF(859KB)
2020/01/07 米製造業景況感は悪化も今後改善が期待されるPDFPDF(862KB)
2020/01/06 米国とイランの対立と市場動向についてPDFPDF(938KB)

2019年12月

掲載日 タイトル
2019/12/30 年末年始の海外市場の変動に留意が必要PDFPDF(845KB)
2019/12/27 グラフでみる10月以降の株・為替パフォーマンスPDFPDF(987KB)
2019/12/26 米国REITが今後も底堅い動きとなる可能性を探るPDFPDF(840KB)
2019/12/26 米独製造業の今後の景況感改善に期待PDFPDF(859KB)
2019/12/25 米景気先行指数の今後の動向が注目されるPDFPDF(898KB)
2019/12/24 米住宅販売は堅調見込みも在庫が鍵を握るかPDFPDF(795KB)
2019/12/23 個人消費堅調も米金利上昇は当面、限定的かPDFPDF(833KB)
2019/12/20 メキシコ中銀は今後も利下げを継続へPDFPDF(934KB)
2019/12/20 今後の米製造業の持ち直しが期待されるPDFPDF(990KB)
2019/12/19 米雇用は足もとで堅調さが継続とみられるPDFPDF(809KB)
2019/12/18 米住宅市場は当面、堅調さが継続かPDFPDF(787KB)
2019/12/17 米金利の上昇は当面、限定的と想定されるPDFPDF(831KB)
2019/12/16 トルコ中銀は4会合連続の大幅利下げPDFPDF(954KB)
2019/12/16 米中正式合意も市場は神経質な展開が続くかPDFPDF(940KB)
2019/12/13 日銀短観:企業景況感は悪化するも、大企業はマイナス圏入りを回避PDFPDF(1,185KB)
2019/12/13 保守党の英総選挙勝利でようやくEU離脱が確定へPDFPDF(725KB)
2019/12/13 ブラジル中銀は4会合連続の利下げを決定も、今後の利下げについては慎重な姿勢PDFPDF(981KB)
2019/12/13 金利上昇への耐性を強めるJ-REITの配当成長に期待PDFPDF(787KB)
2019/12/13 緩慢な物価は米利下げ期待を支えると思われるPDFPDF(850KB)
2019/12/12 FRBは2020年のFF金利の据え置きを示唆PDFPDF(1,068KB)
2019/12/12 FOMC好感も米中貿易協議は大詰めへPDFPDF(917KB)
2019/12/11 景気先行指数の動向に注目PDFPDF(853KB)
2019/12/10 堅調な消費や雇用で米政策金利据え置きかPDFPDF(821KB)
2019/12/09 NYダウが最高値を更新するか今後注目されるPDFPDF(908KB)
2019/12/06 米中貿易協議は来週にかけて正念場かPDFPDF(825KB)
2019/12/05 米企業景況感の大幅悪化懸念はやや行き過ぎかPDFPDF(859KB)
2019/12/04 7-9月期のオーストラリア経済は民間需要の弱さから低成長が継続。来年の追加金融緩和が視野にPDFPDF(1,023KB)
2019/12/04 ブラジル景気は足元堅調に推移するも、先行き不透明感が今後の景気回復の重しにPDFPDF(974KB)
2019/12/04 南米混乱の新興国通貨への影響は当面、限定的かPDFPDF(947KB)
2019/12/03 米ISM指数低下も各国は総じて持ち直し傾向かPDFPDF(866KB)
2019/12/02 米年末商戦はサイバー・マンデーに注目PDFPDF(851KB)

2019年11月

マーケット情報トップ

ファンド概要についての注意
資金動向、市況動向等によっては、上記の運用方針のような運用ができない場合があります。
投資信託への投資に際しての注意
本ウェブサイトは、アセットマネジメントOne株式会社が作成したものです。お申込に際しては、投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、または同時にお渡し致しますので、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資信託は、株式や債券等の値動きのある有価証券(外貨建資産には為替リスクもあります)に投資をしますので、市場環境、組入有価証券の発行者に係る信用状況等の変化により基準価額は変動します。このため、購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
本ウェブサイトは、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について同社が保証するものではありません。また、掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。 本ウェブサイトに掲載されている情報(リンクされている外部サイトの情報も含む)に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。本ウェブサイトの内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。本ウェブサイトに記載した当社の見通し等は、将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。
基準価額・分配金再投資基準価額・分配金込み基準価額は信託報酬控除後の価額です。当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たりの価額を、それ以外のファンドについては1口あたりの価額を表示しています。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。ただし、ETFの表記している口数については別途ご確認ください。分配金の表示数値は、基準価額の表示口数当たり課税前の金額です。表示方法については、公社債投信は小数点第二位まで、その他のファンドは整数部のみとしているため、実際の分配金額と表示上の差異が生じることがあります。
運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。投資信託は、預金等や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。加えて証券会社を通して購入していない場合には投資者保護基金の対象にもなりません。購入金額については元本保証および利回り保証のいずれもありません。投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合がありますが、これによる損失は購入者が負担することとなります。

投資信託に関するお問い合わせは
コールセンターまでお電話ください

0120-104-694

受付時間は営業日の午前9時~午後5時です

当社では、サービス向上のため、お客さまとの電話内容を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。
当社は録音した内容について、厳重に管理し適切な取り扱いをいたします。

よくあるご質問はこちら

フッターの先頭です