はじめての資産形成アシスタント
「貯める」から「育てる」へ。
投資信託で資産を「育てる」
投資信託を保有してから気をつけること

5-3

マンスリーレポートを読んでみましょう

マンスリーレポートでは、ファンドの運用状況やマーケット動向・今後の見通しなどを確認することが出来ます。

マンスリーレポートは、運用会社や取扱販売会社のホームページで閲覧することができます。

  • A. ファンドの運用概況を確認

    一般的に、マンスリーレポートの最初のページには、基準価額、分配金再投資基準価額の推移や騰落率、純資産総額の推移などが示されています。
    分配金再投資基準価額とは、ファンドの税引前分配金を再投資したものとして計算を行い表示した基準価額のことです。
    分配金再投資基準価額は実際の運用成果とは異なりますが、ファンドのトータルリターンを表し、分配方針が異なるファンド間の運用成果を比較するのに適しています。

    B. 過去の分配金実績、決算日を確認

    過去の分配金実績、決算日が確認できます。

  • C. ファンドに組み入れられた資産を確認

    組入資産の推移、組入上位銘柄等、レポート作成時点の投資信託の状況などが把握できるようになっています。
    債券に投資しているファンドは債券の格付別構成比率など、海外に投資しているファンドは国別投資比率やどんな通貨に投資しているかなど、REITに投資しているファンドはREITを区分けする「オフィス用」「ホテル用」といった業種別構成比率などを確認することが出来ます。

    D. 要因分析を確認

    ファンドによっては、ファンドの値動きの要因を分析して掲載している場合もあります。
    組入資産や為替の値動き等が基準価額にどんな影響を与えたかを確認できます。

  • E. 為替の動きを確認

    外貨建資産に投資するファンドの場合、基準価額は為替相場の変動による影響を受けます。
    そのため、ご参考として、為替の動向を掲載している場合があります。

    E. 参考指数などを確認

    ファンドによっては、参考指数やベンチマークとされる指数の推移が掲載されている場合もあります。
    ファンドの基準価額の値動きとどの程度かい離しているかなどを確認しましょう。

  • F. ファンドマネジャーのコメントを確認

    ファンドマネジャーによる、先月のマーケットの解説やファンドの運用状況等が確認できます。

  • G. 今後の運用方針を確認

    マーケット動向をもとにした今後の運用方針が記載されています。

このページのまとめ

マンスリーレポートは毎月更新されるため、ファンドについてはもちろん、マーケット全体についての新しい情報を得ることも可能なツールといえます。

投資信託を保有してから気をつけること

5