はじめての資産形成アシスタント
「貯める」から「育てる」へ。
「貯める」だけで大丈夫?
なぜいま資産形成なのか?

1-3

いつから投資をはじめたらいいですか?

なるべく早い段階から投資を始めることをおススメします。

資産運用における3つの要素として、期間、金利、金額があります。投資を始めるのが30歳からか、50歳からかで、求められる金利や金額が変わります。

30歳・40歳・50歳から投資を始めたケース

  • 図:30歳・40歳・50歳から投資を始めたケース
  • 平均購入単価(1万口当たり)7,407円

※括弧内は投資期間を表します。

72の法則

資産運用において元本が2倍になるような年利と年数を求めることができる簡易的な法則です。

図:72の法則

このページのまとめ

まとまった金額を作るには、高い利回りか長い運用年数、多くの投資金額のいずれかが必要です。超低金利下、子育てを終えた頃から老後の準備をしても間に合わないと思われます。

なぜいま資産形成なのか?

1