はじめての資産形成アシスタント
「貯める」から「育てる」へ。
「貯める」だけで大丈夫?
なぜいま資産形成なのか?

1-4

お金はどのように使い分ければいいですか?

目的や使う時期に応じて、現在のあなたのお金を「日常生活で使うお金」「近い将来使う予定のお金」「当面使う予定のないお金」などに分けましょう。

資産運用を行うにあたっては、今持っているお金(資産)の整理と資産設計が必要となります。まずは、持っているお金(資産)の整理をしましょう。

  • 日常生活で使うお金

    食費など、日常生活における生活費や、急なケガなどの治療費といった「使いたいときに使えるお金」です。

    「使いたいとき」にすぐに使えるように、「普通預金」などとして管理するのがいいでしょう。

  • 近い将来使う予定のお金

    結婚資金やお子さまの教育費、マイホーム購入費といった、「ある程度近い将来に使うためにとっておきたいお金」です。

    「将来のためのお金」として、「お金を減らさないこと」を重視しつつも、少しふやすことを考えてもいいでしょう。

  • 当面使う予定のないお金

    「日常生活で使うお金」「近い将来使う予定のお金」を除いた部分が「しばらくは使う予定のないお金」です。

    豊かな老後生活を送るための資金などにするため、投資によりお金をふやすことを考えてはいかがでしょうか。

このページのまとめ

資産形成をする上では、こうした「お金の性格」に合わせて、お金の管理方法やふやし方を考えていきましょう。

なぜいま資産形成なのか?

1