はじめての資産形成アシスタント
「貯める」から「育てる」へ。
投資信託で資産を「育てる」
投資信託を保有してから気をつけること

5-2

目標を達成するために何をすればいいの?

目標までの残存期間や現在の運用状況に合わせてポートフォリオの資産配分や組入資産の変更を検討してみましょう。また、必要に応じて目標自体を設定し直しましょう。

例えば…

  • 目標金額に大きく近づいたことにより、配分比率が大きくなった投資信託の資産の一部を売却して利益を確定し、債券などのリスクの低い資産を主要投資対象とした投資信託を購入することを検討してみるのも一つの方法です。

  • 経済が安定するとその国の資産のリスクは小さくなる傾向にあります。それに合わせて、その国の資産を主要投資対象とする投資信託のウェイトを増やすのも一つの方法です。

  • 収入が増えた分、その一部を投資に回したり、より大きくリスクをとることが可能になることもあります。投資金額を追加することや、ポートフォリオの目標リターンを高く設定しなおすのも一つの方法です。

このページのまとめ

資産運用をするうえでは、短期的な値動きに惑わされないことが大切です。
一方で、長期投資を考えた場合、目標までの残存期間はもちろん、運用状況や目標そのものが変わることも珍しくありません。
そういった状況に備えて適切に運用状況を把握しておくことは、資産運用の重要なポイントの一つといえるでしょう。

投資信託を保有してから気をつけること

5