はじめての資産形成アシスタント
「貯める」から「育てる」へ。
「貯める」だけで大丈夫?
なぜいま資産形成なのか?

1-1

資産形成をする必要はありますか?

超低金利の環境下、将来必要とするお金を準備するためには、預金や安全資産を保有するだけでは、お金をふやすのは難しい状況です。

超低金利が継続

わが国では、長期にわたり、歴史的な超低金利が継続しています。将来必要とするお金を準備するためには、預金や安全資産を保有するだけでは、お金をふやすのは難しい状況です。

日本10年国債利回りと定期預金平均金利の推移

図:日本10年国債利回りと定期預金平均金利の推移

※期間:1997年3月末~2017年3月末(月次、ただし定期預金平均金利は2017年2月末まで)
※定期預金平均金利は預入金額が1,000万円で1~2年間預けた場合

出所:日本銀行、ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

※上記は過去の情報であり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

将来必要とするお金を準備するために

将来のマネープランを考え、それをかなえるために、どの程度の利回りで運用するべきか考えることが重要です。例えば、1,000万円を10年間運用した場合、運用利回りによって得られる金額が変わります。

1,000万円を一定の利回りで10年間運用した場合

図:1,000万円を一定の利回りで10年間運用した場合

※このシミュレーションでは運用にかかる費用や税金などを考慮しておりません。
※上記は一定の条件に基づく試算を示したものであり、将来の動向や投資成果を示唆・保証するものではありません。

このページのまとめ

超低金利の環境下、将来必要とするお金を準備するためには、預金や安全資産を保有するだけでは、お金をふやすのは難しい状況です。そのため、将来のマネープランに向けて、資産形成が必要です。

なぜいま資産形成なのか?

1