わらしべ瓦版わらしべ瓦版

おカネの健康を考えるウェブマガジン

アセットマネジメントOne

海外大学へ進学するメリットとは?どんな準備が必要?

2021/07/09

かかる

皆さまは「グローバル人材」というと、どのようなイメージをお持ちですか? 「海外で活躍できる人材」といったように、漠然としたイメージを持っている方も多いかと思います。実際にはどのようなスキルを必要とするのでしょうか。グローバル人材に必要とされるのは、語学力に加え、コミュニケーション能力、主体性、積極性などのスキルといわれています。 近年、このグローバル人材に対するニーズが増してきています。グローバル人材への第一歩として、海外大学進学が注目を集めているようです。そこで、今回は海外大学へ進学するメリットと必要準備を中心にご紹介していきたいと思います。

海外大学進学のメリットとは

そもそも海外大学へ進学した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。いくつかご紹介します。

  • 語学力が上がる

    日常生活はもちろん、教授やクラスメイトとのディスカッションを経験することによって、専門知識とより豊富な語学力を自然と鍛えることができます。

  • 異文化理解力が身につく

    異なる文化・価値観の環境のなかで、日本の常識とは異なる困難な状況を受け入れ、乗り越えていくことを経験することができます。

  • 世界で通用する学歴が得られる

    数ある日本の大学ですが、レベルは世界の大学と比べると決して高いとはいえません。一流大学と言われる大学であっても、世界ランキング100位以内には、数校程度しか入っていないのが現状です。進学する大学によっては世界レベルの学歴を手に入れることができます。

  • グローバル企業への就職が可能になる

    日系企業であっても外資系企業であっても、語学が堪能でグローバルな環境で揉まれてきた人材を獲得したいという傾向にあるようです。また、海外就職という道もあり、海外大学を卒業してそのまま海外で働くという選択肢も可能となります。

必要な準備は

海外大学に進学するにあたり、実際どのような準備が必要となるのでしょうか。直接海外大学に進学するパターン、語学学校から大学に進学するパターンなど様々な方法がありますが、結論から言うと、必要となるのは以下の2点だけです。

  • 英語力(TOEFL またはIELTSのスコア)

  • 最終学歴の成績証明書・卒業証明書、成績

しかしながら、国・地域、目指す大学によって条件が大きく異なり、多角的に調べる必要があるなど難しい点もいくつかあります。日本で正確な情報収集が難しいことや、それなりの英語力が必要となることなどが挙げられます。また、日本での進学と比べて、費用面の負担が大きい傾向にあります。国によって物価の差はあるものの、現地での生活費を含めた費用が必要となってきます。

費用を軽減するためには

生活費を含めた費用となるとそれなりの負担がかかることになりますが、学費を少しでも抑えられるよう、奨学金制度を検討してみるのも良いのかもしれません。奨学金制度には様々な種類があり、資格・要件を満たすことができれば費用を軽減することができます。
例えば、渡航支援金(一定の家計基準を満たす者)として32万円、これに加えて国・地域別で定められた額(月額6~10万円)を支給してもらえる制度など、他にも様々な種類があります。
奨学金制度を利用することで進学先の選択肢を広げることができるかもしれません。トータルで判断する材料として検討しましょう。

様々な科目が学べる

海外に進学するとなったら、何を専攻するのか、ということになります。海外の大学には専攻できる科目が豊富にあり、日本にはない専攻も数多くあります。自分の興味のある分野を学べるチャンスがたくさんあるため、いくつかご紹介します。

  • 旅行学

    旅行会社などの実務に即した知識、技術を習得することができます。各国の地理、旅行企画の作成、航空券、ホテルなどの予約システムなどの実習を通じて即戦力となるスキルを学びます。

  • 映画学

    映画ビジネス、映画理論、映画史、脚本、映像製作、編集、プロデュースのノウハウ等、多彩なカリキュラムがあり、実践的な映画制作全般に関わるスキルを学びます。

  • 国際関係学

    世界中各地の文化、歴史、政治を通して、国際関係がどのように構築されているのかを学びます。内容は国際情勢を政治・経済から読み解くもの、歴史や文化的視点から追うものなどありますが、いずれも現実にリアルタイムで起こっていることをそのまま研究の素材としています。

このように、海外の大学には様々な魅力があります。簡単には実現できない部分もあるかもしれませんが、海外での経験を生かし、「グローバル人材」への一歩を踏み出すには良い機会なのではないでしょうか。

■あわせて読みたい、子供に関するお金のこと。

わらしべ瓦版を
Facebookでフォローする

わらしべ瓦版をFacebookでフォローする