たわら物語

「たわらノーロード」をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
2015年12月7日、「たわらノーロード」の1号ファンドである「たわらノーロード日経225」の運用を開始しました。「たわら」がどのように誕生したかをみなさんにご紹介したいと思います。

STORY01

たわら誕生秘話

少子高齢化、老後不安、インフレ懸念・・・、わが国の未来に対する不安が高まりを見せるなか、これから未来を担っていく若い人たちに希望を持っていただきたい。そのためには経済的な不安を和らげることが大切で、長期にわたる積立投資をしていただける投資信託として低コストのインデックスシリーズを提供したいとの願いから構想を始めました。

こうしたインデックスファンドは、マザーファンドで一括して運用するものがほとんどです。アセットマネジメントOneの統合4社のひとつ、DIAMアセットマネジメントは機関投資家向けのプロダクトを多く手掛けていたこともあり、インデックス運用の実績が十分で、さまざまなインデックスのマザーファンドを数百~数千億円規模で運用していたため、シリーズの品ぞろえとクオリティには自信がありました。

しかし、他の運用会社がすでにこうしたシリーズをスタートさせていました。それらシリーズとの差別化が必要だとの声が上がり、ブランド開発に取り組んだのです。

まず、社内公募によってネーミングのアイディアを集めてみました。数多くのアイディアが出ましたが、英単語やそれを組み合わせたものがほとんどで、他社のシリーズ名とそれほど代わりばえのしないものばかり。これではダメだと感じたプロジェクトチームはコンセプトを絞るところから考え直しました。

親しみのある、分かりやすい、コツコツと蓄えるといったイメージ・・・、こうしたコンセプトから約300個の候補リストをつくりました。そのリストを眺めていると、プロジェクトメンバーの女性陣から「“たわら”がいい」という声が上がりました。“たわら”というのは、お米だけでなく、小麦や小豆などの穀物を包み保存する容器の役割があり、豊か、蓄えるというようなイメージがあります。現に神田明神の大黒様は二つのたわらの上に立っています。

社内には「金融商品の名前になぜ“たわら”?」という意見や、面白いといった意見があり、社内を二分する侃々諤々の論争が繰り広げられ、最後は社長提案による社内アンケートで“たわらノーロード”に決定したのです。

その次にプロジェクトチームで考えたのがロゴマークです。ネットユーザーに認知してもらうためには印象的なビジュアルが必要だと考えたのです。さまざまなデザインの中から、3つのたわらを積んだ様子を摸した家紋のようなロゴマークと、金運を象徴する黄色をメインカラーにしました。
かくして、2015年12月7日に「たわらノーロード 日経225」の運用がスタートしたのです。

たわらノーロード
STORY02

広がるラインナップ

発表と同時に「たわらノーロード」はその変わった名前と利便性でネット上や資産運用業界であっという間に拡散しました。「たわらノーロード」は「日経225」に続き、「先進国株式」や「先進国リート」、「新興国株式」といったものまで順次運用をスタートさせ、さらに、こうしたシリーズでは初めてとなるスマートベータ型の運用を取り入れた「たわらノーロードplus」も加えました。こうしたラインナップの拡充は投信ブロガーにも好意的に受け止められました。

その後「たわらノーロード」が役立つ場面が増えました。ロボット・アドバイザー導入の波です。資産配分(アセットアロケーション)の提案にロボット・アドバイザーを活用する金融機関が増えたことで、各社のファンドラップというサービス向けに「たわらノーロード<ラップ向け>」を設定することになり、一気に7本の「たわら」を増やしました。

また、確定拠出年金制度の改正が行われた2016年に設定した「先進国株式<為替ヘッジあり>」と「先進国債券<為替ヘッジあり>」の2本を始め、iDeCo(個人型確定拠出年金)でも多くのたわらが採用されています。

そして、2018年から「つみたてNISA」が始まります。「つみたてNISA」向けの商品に選ばれるには、コストや運用期間などの各種条件がありますが、「 バランス(8資産均等型)」をはじめ、6本のたわらが対象となりました。

こうした結果、「たわら」は全部で23本に増えたのです。(2017年10月末現在)

STORY03

さいごに

皆さんは日本経済新聞の基準価格欄をご覧になったことがありますか?「アセットマネジメントOne」の欄の中ほどに「た・日225」、「わ・国内債券」、「ら・国内リー」と並んでいるのが「たわらノーロード」です。そう、縦に「たわらノーロード」と読めるように略称を考えてみました!!

「たわらノーロード」は若い方たちの資産形成にお役立ていただけるように、低コストのインデックスシリーズをご提供したいとの思いからスタートしました。これからも初心を忘れずに投資家のためになることをやっていきたいと考えています。

その歩みは少しずつかもしれませんが、「たわらノーロード」は進化を続けていきますので、これからもよろしくお願いいたします。