「たわら」にする
メリット

「たわらノーロード」の特徴を紹介します。

MERIT01 国内有数の資産運用会社
アセットマネジメントOne
が運用します。

みずほフィナンシャルグループと第一生命ホールディングスが出資するアセットマネジメントOneの運用資産残高は約52兆円1にのぼります。2000年6月に投資顧問業界における国内年金の契約資産残高ナンバーワンの座を獲得して以降、現在もその規模は国内最大級。国内外の公的ならびに私的年金のインデックス運用部分を受託するなど、豊富な経験があります。

MERIT02 実は大きくて古い
「たわら」の中身

実は「たわらノーロード」はファミリーファンド形式で運用しており、各マザーファンド2純資産総額も大きく、特に先進国株式については3,400億円の規模を有しています3。そして、そのマザーファンドの多くが10年以上と長期の運用実績があります。
運用実績が長いことは良いファンド選びの要チェック項目で、残高についても同じです。大きいと、固定費の負担や大きな資金流出入に対応しやすくなるため、より効率的な運用が可能となるためです。
これらは、運用力やリスク管理体制などに高い質を求める機関投資家へのサービスをアセットマネジメントOneが長年ご提供してきた実績がもととなっています。

ファンドの仕組み例
(ファミリーファンド形式)
ファンドの仕組み例(ファミリーファンド形式)

MERIT03 コストをおさえ長期の
資産づくりに役立ちます。

「たわらノーロード」は、購入時の申込手数料および売却時の換金手数料が不要4。また、信託報酬率(運用管理費用)は業界の同種ファンドと比べておおむね低水準です。信託報酬をはじめとするコストは、長期の資産形成においてファンドのパフォーマンスに影響してきます。

「信託報酬」は、運用会社などファンドの運営に関わる会社がその運営の対価として受け取るものです。そのほかにも、「その他費用・手数料」と呼ばれるコストがあります。ファンドに組み入れる株式や債券などを売買する際にかかる手数料である「売買委託手数料」や、ファンドの監査のために払われる「監査費用」などがあげられます。この「その他費用・手数料」は、売買条件により異なったり、定期的にコストが見直されるため、いくらかかると示すことができないコストです。「信託報酬」と「その他費用・手数料」と合わせて、「実質コスト」とも呼ばれています。
アセットマネジメントOneは、年金基金の運用残高が日本最大規模を誇る運用会社です。たわらのマザーファンドは、年金基金や機関投資家の資金も受託し、残高を拡大してきました。一般的にマザーファンドの純資産総額が大きいほど資金流出入の影響を受けにくく、コストを抑えた効率的な運用が可能となるのです。

インデックスファンドにかかるコストの詳細はこちら

  1. 1. 2019年3月末時点、時価ベース。
  2. 2. 投資家の方は、マザーファンドに直接投資することができません。
  3. 3. 2019年7月末時点。
  4. 4. 「たわらノーロード新興国株式」は信託財産留保額がかかります。