わらしべ瓦版わらしべ瓦版

おカネの健康を考えるウェブマガジン

アセットマネジメントOne

ピラミッドだけじゃない!?もっと知りたいエジプト情報をお届け

2020/09/25

知恵のハコ

エジプトは観光地として有名ではあるものの、まだまだ日本からは身近な観光地とは言い難いかもしれません。そんなちょっと遠い、でも一度は行ってみたい国エジプトについてご紹介します。

エジプトの基本情報

言語は主にアラビア語ですが、観光エリアなどは英語も通じます。面積は日本の約2.7倍、人口は日本の8割程です。国土の大部分は砂漠で、エジプトを南北に流れるナイル川周辺に多くの人が住んでいます。通貨はエジプト・ポンド、補助単位でピアストルが使用されているほか、観光客向け施設や店舗ではUSドルも使用可能です。ただしUSドルの為替レートはそのお店独自のレートだったりするので、あまりいいとは言えません。筆者が2019年にエジプトに旅行した際には、エジプト・ポンドでは大体100円位のものが、USドルで支払おうとしたところ、400円位の値段を言われてしまいました。交渉する余地はあったのかもしれませんが、面倒な方は極力エジプト・ポンドでの支払いをお勧めします。

〈エジプトの基本情報〉

面積  100万平方キロメートル
人口  9,842万人(2018年)
首都  カイロ
言語  主にアラビア語
通貨  エジプト・ポンド、ピアストル

出所:外務省のデータをもとにアセットマネジメントOne作成

直線で引かれたような国境

エジプトの地形は直線的で特徴がありますね。エジプトに限らずアフリカの多くの国境が、このように直線的な理由は、19世紀中ごろからイギリス、フランス、ドイツなどの列強国がアフリカに進出し、植民地にしていったという背景にあります。列強国がそれぞれ自国の領域を広げようと対立を繰り返した結果、緯線や経線で国を分割したためです。

地図

測量技術のパイオニア

エジプトといえばピラミッドと言っても過言ではありません。ギザにある三大ピラミッドが有名ですね。しかし最初からあのきれいな四角錐だったわけではありません。初期のピラミッドは紀元前27世紀のジェセル王のピラミッドと言われており、その形状は階段ピラミッドというものでした。その後段階を経て紀元前2560年頃、三大ピラミッドの一つである、クフ王のピラミッドが建設されました。

ピラミッド(イメージ)
※初期の階段ピラミッドイメージ
(ジェセル王のピラミッドは高さ62メートル)
ピラミッド(イメージ)
※クフ王ピラミッドイメージ
(クフ王のピラミッドは元の高さ146.6メートル)
ピラミッド(イメージ)
※初期の階段ピラミッドイメージ
(ジェセル王のピラミッドは高さ62メートル)
ピラミッド(イメージ)
※クフ王ピラミッドイメージ
(クフ王のピラミッドは元の高さ146.6メートル)

ピラミッドの建設については今なお多くの謎が残っていますが、その形状は完全な水平が保たれ、東西南北の誤差は1㎝以内と言われています。そんな計算され尽くした見事なピラミッドですが、それもそのはず、測量技術の起源はなんと古代エジプトだったのです。エジプトの測量技術が発達した理由は、毎年ナイル川が氾濫を起こし、その土地区画を復元するためでした。そしてクフ王のピラミッドが建設された頃には、水準測定器や垂直測定器、定規などがすでに使用されていました。古代エジプト人の知恵の結晶が、現代の私たちの生活につながっているのですね。

エジプトの経済

エジプトは国土の大部分が砂漠ですが、ナイル川沿岸付近では小麦やトマトなどの農作物が栽培されており、農業はエジプトの主要産業のうちの一つとなっています。そのほか、カイロ・アレクサンドリア証券取引所という取引所があり、エジプトを代表する株価指数をエジプト・ヘルメス指数といいます。

交通事情、タクシーはちょっと注意!?

エジプトの交通手段は電車や地下鉄、タクシーのほか、乗り合いバスなどさまざまです。どれも物価は安めでお勧めですが、タクシーはちょっと注意が必要です。エジプトのタクシーはメーター式と交渉制があります。メーター式は日本のタクシーと同じシステムなので分かりやすいですね。ただこのメーター、壊れていたり、高額になるよう改造されていたり、日本のように基準が明確なものばかりではないようです。交渉制の場合は、乗車前に行先を伝えると事前に料金が提示されるので、安心して乗車してしまいます。しかし降りる時になって「2人だから倍の料金だ!」とか、最初に「この人数でこの料金」ときちんと確認しても、実際料金を支払う時になると、それより多めの金額を言われることがあります。一方電車や地下鉄は料金が明確なので、安心して利用することができます。

エジプト料理

  • パン(アエーシ)
    主食。高温のかまどで一気に焼き上げた薄いパン。街中では自転車の荷台に大量のアエーシを乗せて運ぶ人の姿がみられる。

  • コシャリ
    エジプトの国民食。お米やパスタ、ひよこ豆などの豆類にフライド玉ねぎを加えてトマトソースをかけたもの。

  • シャクシュカ
    玉ねぎ、にんじん、ひき肉などを炒めたものにスパイスを加え、トマトソースで煮込み、最後に卵を落としたもの。

シャクシュカ

さいごに

現在はコロナ渦で海外旅行にはなかなか行けませんが、いつか行ける日がきたらぜひまた行きたいと思うほど、とってもエキサイティングな国です。実際にピラミッドを見た時は、鳥肌が立つほど感動しました。現地ではアジア人が珍しいのか、何度か「一緒に写真を撮って!」と言われたりして、みんな明るくてとてもフレンドリーな印象です。またカイロ市内には、東京の渋谷のような若者が集まる活気あふれたエリアがあり、古代文明と最新の文化が融合した素敵な国です。海外旅行の候補先としてこの記事が皆さまのお役にたてると嬉しいです。

わらしべ瓦版を
Facebookでフォローする

わらしべ瓦版をFacebookでフォローする