わらしべ瓦版わらしべ瓦版

おカネの健康を考えるウェブマガジン

アセットマネジメントOne

ブロックチェーンと相性のいい業界は?活用事例を考察

2018/09/26

知恵のハコ

皆さまは、「ブロックチェーン」という言葉をご存知ですか?

最近、この言葉を特にビットコイン等の暗号資産(仮想通貨)関連のニュースで聞くことが増えているかと思います。「今後、ブロックチェーンによって分散化の世界が広がる」等といわれていますが、よくわからないまま聞き流していることが多いのではないでしょうか。

今回は、そんなビットコイン等に応用されているオープン型ブロックチェーンについて簡潔に解説し、ブロックチェーンという新しい技術がいかなる世界を実現しようとしているのか、ブロックチェーンと相性のいい業界と具体的な活用事例を考えてみたいと思います。投資アイディアのヒントになるかも!?ぜひご覧ください。

オープン型ブロックチェーンとは

では、まずブロックチェーンとは、いったいどういうものなのでしょう。ブロックチェーンとは、もともとビットコインを組成するために開発された技術で、信頼性の高い取引データを構築する仕組みです。なかでもビットコイン等で応用されているものは、オープン型ブロックチェーンと呼ばれています。もう少し具体的にいうと、取引情報を改ざんの検出が容易な形でデータ化し、それを不特定多数の人たちが共有・管理することによって、極めて信頼性が高いデータベースを構築する仕組みのことです。

いままでは、何かの取引をデータベースに記録する場合、間には常に特定の管理者がいました。例えば、金銭的なやりとりをする場合は、銀行等がそれにあたります。これを中央集権的な取引といいます。それに対して、ブロックチェーンを用いることによって、管理者を介することなく取引ができるようになりました。これを、非中央集権的な取引といいます。

オープン型ブロックチェーンの仕組み

※上記はイメージ図です。

では、いったいなぜ、ブロックチェーンがあると非中央集権的な取引が実現できるのでしょうか。それは、ブロックチェーンを用いると、もしも誰かが僅かにデータを書き換えたとすると、他の参加者が持っているデータと整合性を保つためには膨大な計算をして暗号を解く必要が生じるため、改ざんが非常に困難だからです。

どういうことかというと、オープン型ブロックチェーンは、悪意のある参加者が情報を書き換えたりする恐れを前提としています。それに対して、そのような不正があった場合に、すぐに検知し、排除できる構造をブロックチェーンはもっているということです。

ブロックチェーンの活用事例

ブロックチェーンのデータは、改ざんが非常に困難なことから、情報の正確性を保持する特定の管理者が不在でもデータは「正しい」という前提を置くことができます。そして、その正しさが求められる情報は少なくありません。

例えば、不動産業界。土地の登記は間違っていると、人の資産に影響を与えてしまいます。高齢化が叫ばれ、地方を中心に空き家が増えている日本においては、この分野におけるデータの正しさはますます求められることとなりそうです。

また、食品業界においては、食べ物のトレーサビリティ(追跡可能性)の分野でブロックチェーンの活用が考えられます。野菜がどこで獲れたのか、またいつ収穫されたものなのか等は、衛生面や健康面において非常に大切であり情報の価値も高いため、改ざんが不可能なブロックチェーン上で記録・管理することは、大きな意味があるでしょう。

他にも、筆者が個人的に注目しているのはアート業界です。例えば「絵画×ブロックチェーン」は非常に相性がいいと考えています。絵画のマーケットが発展するためには、作品のタイトルやサイズ、制作年度、作者情報、来歴情報といったデータを共有する必要があります。加えて、その作品が贋作であるかいなかの鑑定結果をブロックチェーン上で簡単に確認できると、閲覧や購入への敷居も下がります。さらに、誰が持っていたのかも記録に残れば、例えば無名の作家の絵であっても米大統領が保有していたといった情報がわかれば、価値の上昇が予想され、さらなる発展に期待がもてるかもしれません。

最後に

このように、誰でも簡単に確認でき、かつ構造上改ざんされにくいブロックチェーンの活用は、インターネットなどを利用した取引を大きく変革する可能性をもったものです。そういう意味では、インターネットの登場にも匹敵するほど社会に大きな影響を与える可能性を秘めているといえるでしょう。

こうした社会の大きな変化の可能性を注意深く観察してみることで、時代に先駆けた投資アイディアも思いつくかもしれません。皆さまもぜひ、最先端の技術に注目してみてはいかがでしょうか。

※各種報道をもとにアセットマネジメントOne作成

わらしべ瓦版を
Facebookでフォローする

わらしべ瓦版をFacebookでフォローする