ワークライフバランス

アセットマネジメントOneでは、多様なバックグラウンドを持つ社員が、仕事と生活の調和を実現し、最大限の能力を発揮できるよう、出産・育児に関連する諸制度を始め、多様な働き方を支援する制度を整えています。

育児に関する制度

育児に関する制度
 

女性が妊娠、出産、育児を経験しても、長く働ける環境づくりに取り組んでいます。
また、男性の育児休業の取得率も非常に高く、子を持つ社員のほとんどが積極的に育児に参加しています。

育児に関する各種制度概要

育児に関する制度概要
母性健康管理措置 母性健康法に基づく健康診査等のための通院をサポートします。
産前産後休業 出産前の6週間、出産後の8週間の休業中も、給与の支給が継続されます。
配偶者出産休暇 配偶者が出産するとき、5日間の特別休暇を取得できます。
育児休業 子が満2歳に達する日までの間、育児休業を取得できます。育児休業の一部期間には給与が支給されます。
復職セミナー 育児休業を経て復職した社員向けに、同じ立場の社員や人事担当とのコミュニケーションの場を設けています。
短時間勤務 小学校3年生以下の子を養育する場合、一日当たりの所定労働時間を最大90分短縮することができます。
看護休暇 小学校就学前までの子どもの看病が発生した際、年度内に対象の子1人につき5日間取得できます。
ベビーシッタークーポン ベビーシッターサービスを利用した際に、割引を受けられる制度があります。

多様な働き方をバックアップする制度

フレックスタイム勤務

 一定の定められた時間の中で、始業及び終業の時刻を自分で決定できる制度です。
コアタイム(必ず勤務すべき時間帯)10:00~15:00以外の時間は、フレキシブルに勤務をすることができます。育児など家庭の都合などで時間に制約がある場合など、フレックスタイム勤務を利用する社員もいます。

リフレッシュ休暇

勤続10年、15年、20年、30年を経過したときに、5日間連続で取得することができる特別休暇が付与されます。

永年勤続休暇

勤続25年を経過したときに、10日間連続で取得することができる特別休暇が付与されます。

介護休業

要介護状態にある対象家族を介護するとき、介護者一人につき122営業日以下の介護休業を取得できます。

介護休暇

要介護状態にある対象家族を介護するとき、あるいは介護のためのサービスを受けるための手続きを行うとき、介護者一人につき5日間取得できます。

結婚休暇

本人が結婚するときは5日、本人の子女が結婚するときは1日の結婚休暇を取得できます。

ボランティア休暇

ボランティア等の社会貢献活動を行うとき、一年度に5日間取得できます。

自己啓発休暇

会社が認める自己啓発支援制度を利用する場合、5日間連続で取得できます。