どんな時も企業と共に、
汗をかきながら成長していきたい
岩本 誠一郎

MHAM新興成長株オープン
愛称:J-フロンティア
設定日:2000年2月25日
商品分類:追加型/国内/株式
投資対象:国内中小型株

岩本 誠一郎いわもと せいいちろう

株式運用グループ 国内株式担当ファンドマネジャー。1997年から一貫して中小型株チームにアナリスト、ファンドマネジャーとして従事。趣味はパワーリフティングで、国体出場経験あり。現在も休日にはジムでバーベルを持ち上げ、汗をかいてリフレッシュしている。一日中、日本の未来とファンドの組入銘柄について考えている、自他ともに認める「投資マニア」。

私の投資哲学

足で稼ぐ、とことん会話する

企業に自ら足を運び、汗をかいて情報収集することを大切にしています。現場を自分の目で見て耳で聞くからこそ得られる情報があると考えています。取材にあたっては、投資家の目線から企業経営等に関し厳しい意見を言うこともあります。本音で前向きな話ができ、未来の飛躍に確信を持てる企業に投資をしたいため、積極的な面談スタイルを貫いています。

チームで運用する

チーム運用の強みは言うまでもなく個の多様性にあると考えています。自分とは異なる感性を大切にすることで良いアイディアが生まれると考えているので、若いメンバーも対等に会話できるチームの雰囲気づくりを心がけています。また、アナリストの担当分野を決める際には個人の特性や趣味嗜好も考慮しています。例えば、食べ歩きが趣味のアナリストには外食セクターを担当してもらっています。すると、生活そのものが企業分析につながるので、調査の質が上がります。好きこそものの上手なれ、ですね。

投資家のみなさまへ

当ファンドはいわば「中長期仕込み型」のファンドです。日本には、大きな成長が期待できる若い企業がたくさんあると考えていますし、そのなかでも株価が2倍、3倍になるような企業を探して日々駆け回っています。過去の歴史を振り返ると、10年に一度くらいの頻度で大きな株価下落は起こります。しかしそのような局面を乗り越えて成長していける銘柄に投資しています。日本の未来を信じて長く投資していただける投資家の方々に、企業の成長と共にリターンをお返ししていく運用を目指します。

ファンドの歴史

MHAM新興成長株オープン 
愛称:J-フロンティア

  • 1 ITバブル崩壊 2000年
  • 3 ライブドアショック 2006年
  • 2 日経平均株価急上昇 2005年
  • 3 ライブドアショック 2006年
  • 1 ITバブル崩壊 2000年 1 ITバブル崩壊 2000年

    何があった?

    当ファンドが設定されたのはちょうどITバブル崩壊の時期でした。ITバブルとは、米国や日本でIT関連企業の株価が急騰した時期を指します。日本ではインターネットや携帯電話が爆発的に普及するなど、とても華やかな時代でした。高度な技術によって生活が変わるというワクワク感に乗って、皆がIT関連株にこぞって投資をしていました。

    その時、どう動いた?

    技術の革新は嬉しいことです。しかし本業で利益を出していない企業への投資は危険だと考えていました。例えば当時、IT関連企業の株を買う「投資ファンド」に投資するのが流行しましたが、私は手を出しませんでした。投資ファンドの投資先企業の株価が過大評価されていると感じていたからです。バブルの崩壊により適正な株価水準へ調整されたと考えていたため日本の未来を悲観してはいませんでしたが、株価が高値のタイミングで設定された当ファンドにとっては設定直後に基準価額が下落する苦しい船出となりました。

  • 2 日経平均株価急上昇 2005年 2 日経平均株価急上昇 2005年

    何があった?

    2005年は株価が急上昇し、同年12月には約5年ぶりに日経平均株価が16,000円台をつけた年でした。今となっては、当時の株価急上昇ぶりはアベノミクス相場とよく似ているなと感じます。人材の流動化など、注目セクターまでそっくりです。

    その時、どう動いた?

    中小型相場が到来し、当ファンドもリターンを得ました。パフォーマンスに貢献した銘柄として、成長の加速期にあった「楽天」(4755)が思い出されます。アマゾンなども小さい企業だった当時、Eコマースの分野で収益を出している数少ない企業のひとつでした。あれから10年以上経って、今ではEコマースが不可欠な世界になりました。このように、今はまだ規模が小さくても、未来の日本に大きな影響を与える可能性のある事業を行っている企業を探し出すのが中小型成長株投資の醍醐味です。※上記は過去の投資事例であり、保有の継続または将来における当ファンドへの組入を示唆、保証するものではありません。また、個別銘柄の推奨を目的としたものではありません。

  • 3 ライブドアショック 2006年 3 ライブドアショック 2006年

    何があった?

    ライブドアショックにより市場が混乱。苦しい時代が始まりました。多くの投資家が株価変動リスクに耐えられなくなり、業績の良い企業の株であっても売られてしまいました。企業会計への不信も高まった時期でした。自分が良いと分析した企業が正当に評価されず、悔しい思いをたくさんしました。

    その時、どう動いた?

    市場が冷え切る中、投資先企業の破たんは絶対に避けなければならないと考え、企業の不正行為についてリサーチを強化しました。財務諸表の数字を追うだけではなく、例えば売上の具体的な根拠まで確認したり、粉飾決算の方法をチームでシミュレーションして調査に活かしたりもしました。明るい未来の感じられない、すごく後ろ向きの時代でしたね。そんな時期だからこそ、まじめに頑張っている企業、伸びしろのある企業を応援したいと考えていました。当時、取材の中で互いに励まし合いながら乗り切った企業が今でも活躍しているのを見ると、喜びもひとしおです。

  • 4 アベノミクス到来 2012年 4 アベノミクス到来 2012年

    何があった?

    当ファンドの設定来ずっと運用チームのメンバーとして活動してきましたが、2012年2月に主担当ファンドマネジャーになりました。同年末にはアベノミクス相場が訪れました。

    その時、どう動いた?

    チームで年間のべ3,000件程度の取材をこなしながら、有望な「投資テーマ」をこつこつと蓄積しました。たとえば、今ではよく見かけるようになった「フィンテック」という投資テーマには、フィンテックという言葉自体が存在していなかった2009年から注目して調査をしました。結果、これは収益に結び付くテーマだと判断し、2011年から投資したのが「GMOペイメントゲートウェイ」(3769)です。現場取材とチーム内での情報共有に徹底的にこだわる運用を続けた結果、2015年にはモーニングスター分類の「国内中小型株」カテゴリのなかで年間トータルリターン第1位を獲得しました。 ※上記は過去の投資事例であり、保有の継続または将来における当ファンドへの組入を示唆、保証するものではありません。また、個別銘柄の推奨を目的としたものではありません。※上記は過去の当ファンドの実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

(期間:2000年2月24日~2017年2月28日)
基準価額[分配金再投資]は、税引前の分配金を再投資したものとして計算していますので、実際の基準価額とは異なります。
基準価額[分配金再投資]=前日基準価額[分配金再投資]×(当日基準価額÷前日基準価額)
(※決算日の当日基準価額は税引前分配金込み)
基準価額は設定日前日を10,000として計算しています。
基準価額は信託報酬控除後です。
ベンチマークは東証株価指数(TOPIX)であり、設定日前日の値を10,000として計算しています。
上記は過去の実績であり、将来の運用成果等をお約束するものではありません。

主な受賞歴

  • モーニングスターファンドオブザイヤー2013 国内株式中小型部門 優秀賞
    (評価基準年月日:2013年12月31日)
  • モーニングスターファンドオブザイヤー2015 国内株式中小型部門 優秀賞
    (評価基準年月日:2015年12月31日)

Morningstar Award “Fund of the Year”およびMorningstar Award “Fund of the Decade 2013”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスターが信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
※上記評価は、過去一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

東証株価指数(TOPIX)は、株式会社東京証券取引所(㈱東京証券取引所)の知的財産であり、指数の算出、指数値の公表、利用など同指数に関するすべての権利は、㈱東京証券取引所が有しています。なお、当ファンドは、㈱東京証券取引所により提供、保証または販売されるものではなく、㈱東京証券取引所は、ファンドの発行または売買に起因するいかなる損害に対しても、責任を有しません。

当ウェブサイトの図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の動向を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。

当ファンドの詳細はこちら

アセットマネジメントOne
ロングセラーシリーズ
LINEUP
ラインナップ

今後も新たなファンドマネジャーが
登場いたしますのでご期待ください。