国連責任投資原則への署名

会社情報

1.国連責任投資原則への署名について

アセットマネジメントOneは、国連責任投資原則:The United Nations-backed Principles for Responsible Investment Initiative(UNPRI)の基本的な考え方に賛同し、2013年3月19日に署名会社となりました。

UNPRIとは、2006年にアナン元国連事務総長が公表した以下の6つの原則です。
原則では、機関投資家が環境(E:Environment)、社会(S:Social)、企業統治(G:Corporate Governance)の課題を投資の意思決定に取り込むことが提唱されています。

当社は、「機関投資家として受益者のために長期的視点に立ち、最大限の利益を最大限追求する義務」を果たすという目的のためUNPRIに署名しています。

CSR取組企業に投資するファンドの設定・運用など、これまでも責任投資に関する取組を推進してきましたが、UNPRIに署名することは責任投資に対する当社の考え方を明確にするものであり、今後とも受託者責任を全うしつつ機関投資家としての社会的責任も果たして行きたいと考えております。

【責任投資原則】
私たちは、投資分析と意思決定のプロセスにESGの課題を組み込みます。
私たちは、活動的な(株式)所有者になり、(株式の)所有方針と(株式の)所有慣習にESG問題を組み入れます。
私たちは、投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます。
私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかけを行います。
私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します。
私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。

PRI

2.「モントリオール・カーボン・プレッジ」への賛同について

アセットマネジメントOneは、2015年10月2日に「モントリオール・カーボン・プレッジ(Montreal Carbon Pledge)」に賛同表明いたしました。

モントリオール・カーボン・プレッジとは、2014年9月にカナダのモントリオールでUNPRIが行った年次総会で策定された、温室効果ガス(CO2e)削減に向けた新たな取り組みです。賛同した機関投資家は、自らが運用する一部または全ての株式ポートフォリオの温室効果ガスの排出量を把握し、開示します。

投資先企業が2015年12月に回答した温室効果ガス排出量について、当該企業各社発行済株式数をもとに一株あたりの排出量を計算し、当社の日本株ESGファンドでの保有株数(2016年10月末時点)を乗じて排出量の集計値を算出しました。その集計値は約225,218トンとなります。当社は今後も定期的に温室効果ガス排出量の集計値を公表する予定です。

PLEDGE

ページトップ