ページの先頭です
メインメニューの先頭です

グローバルの取り組み

当社は、グローバルイニシアティブにも積極的に参画し、海外の他の投資家とも連携しながら、最新の動向を踏まえて、グローバルなESG課題への取組みを進めています。
また、当社は、スチュワードシップ原則およびコードの発祥地である英国のスチュワードシップ・コードも受け入れることを表明しており、英国財務報告評議会(FRC)から、スチュワードシップ・コードに対する取組方針書(Code statement)の評価において、最上位(Tier1)の評価を得ております。

グローバルな責任投資・ESGの取組みの内容は、以下の通りです。

1.国連責任投資原則(PRI)への署名

アセットマネジメントOneは、国連責任投資原則:The United Nations-backed Principles for Responsible Investment Initiative(UNPRI)の基本的な考え方に賛同し、2013年3月19日に署名会社となりました。

UNPRIとは、2006年にアナン元国連事務総長が公表した以下の6つの原則です。
原則では、機関投資家が環境(E:Environment)、社会(S:Social)、企業統治(G:Corporate Governance)の課題を投資の意思決定に取り込むことが提唱されています。

当社は、「機関投資家として受益者のために長期的視点に立ち、最大限の利益を最大限追求する義務」を果たすという目的のためUNPRIに署名しています。

CSR取組企業に投資するファンドの設定・運用など、これまでも責任投資に関する取組を推進してきましたが、UNPRIに署名することは責任投資に対する当社の考え方を明確にするものであり、今後とも受託者責任を全うしつつ機関投資家としての社会的責任も果たして行きたいと考えております。

【責任投資原則】
私たちは、投資分析と意思決定のプロセスにESGの課題を組み込みます。
私たちは、活動的な(株式)所有者になり、(株式の)所有方針と(株式の)所有慣習にESG問題を組み入れます。
私たちは、投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます。
私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかけを行います。
私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します。
私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。

PRI

2.モントリオール・カーボン・プレッジへの賛同

アセットマネジメントOneは、2015年10月2日に「モントリオール・カーボン・プレッジ(Montreal Carbon Pledge)」に賛同表明いたしました。

モントリオール・カーボン・プレッジとは、2014年9月にカナダのモントリオールでUNPRIが行った年次総会で策定された、温室効果ガス(CO2e)削減に向けた新たな取り組みです。賛同した機関投資家は、自らが運用する一部または全ての株式ポートフォリオの温室効果ガスの排出量を把握し、開示します。

投資先企業の温室効果ガス排出量について、運用する全てのファンドの保有株数(2018年10月末時点)をもとに、排出量の集計値を算出しました。その集計値は約2,800万トンとなります。当社は今後も定期的に温室効果ガス排出量の集計値を公表する予定です。

PLEDGE

3.ICGN(国際コーポレートガバナンスネットワーク)への加盟

ICGNは、コーポレートガバナンス改善・推進を目的として世界の投資家等により構成される団体であり、コーポレートガバナンスや、投資家のスチュワードシップに関する実効的な基準を策定しています。当社は各種カンファレンス等に参加して情報収集を行うとともに、ICGNのグローバル・スチュワードシップ原則へ賛同しています。

ICGN

4.ACGA(アジアコーポレートガバナンス協会)への加盟

ACGAは、アジアにおける効果的なコーポレートガバナンスの実施・促進のため創設された団体です。投資家、企業、規制当局と協力し、アジア12ヶ国におけるコーポレートガバナンスに関する調査・支援・教育を目的としています。当社は各種カンファレンス等に参加して情報収集を行うとともに、グローバルの投資家と連携しながら、アジア企業のコーポレートガバナンス向上に取り組んでまいります。

ACGA

5.Climate Action 100+への参加

世界で温室効果ガス排出量の多い企業に対してグローバルの投資家が連携してエンゲージメントを行うイニシアティブです。当社は、2017年12月のイニシアティブ発足時より参加した数少ない日本の運用機関の一つです。気候変動はグローバルな課題であり、内外連携が重要であると考えており、東京のESGアナリストと海外拠点のアナリストが連携して取組んでいます。

Climate Action 100+

6.英国のスチュワードシップ・コードの受け入れ

英国のスチュワードシップ・コードは、投資家と投資先企業とのエンゲージメントの質を高め、株主の中長期的なリスク調整後のリターンを向上させることを目的に、英国財務報告評議会(FRC)によって定められたものです。

当社は、日本だけでなく、スチュワードシップ原則およびコードの発祥地である英国のスチュワードシップ・コードも受け入れることを表明し、英国スチュワードシップ・コードに定められた原則の精神・趣旨に沿ったスチュワードシップ活動をグローバルに行ってまいります。

また、FRCはスチュワードシップ・コード受入機関の取組方針書(Code statement)の評価も実施しており、当社は最上位(Tier1)の評価を得ております。

当社の英国スチュワードシップ・コード取組方針はこちら
英国財務報告評議会(FRC, The Financial Reporting Council) のサイト

7.TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)への賛同

TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)は、投資家等に適切な投資判断を促すため、効率的な気候関連財務情報開示を企業等へ促すことを目的としたグローバルのタスクフォースです。

当社は、日本において、TCFDに基づく情報開示の普及・促進を行っている「TCFDコンソーシアム」の企画委員会メンバーとして、2019年10月に発表された「グリーン投資ガイダンス」の策定をサポートしました。

今後も、投資先企業に対して気候変動に対する事業機会やリスクの情報開示を促進するとともに、把握された事業機会やリスクを適切なガバナンスの下で経営戦略に繋げていくように、一層働きかけを行ってまいります。

TCFD  TCFD

8.SASBスタンダード・アドバイザリー・グループへの参加

SASB(Sustainability Accounting Standards Board、サステナビリティ会計基準審議会)は、2011年に設立された独立非営利のESG情報開示基準策定機関で、77の業界毎に財務的にインパクトを与える可能性が高いサステナビリティ要因に焦点を当てて情報開示基準を策定しているのが特徴です。
当社は、SASBスタンダード・アドバイザリー・グループ(食品・飲料品セクター)に参加しているグローバルのメンバーと共に、投資家と企業双方にとってより効率的かつ効果的なESG情報開示基準の策定を目指してまいります。

SASB

会社情報トップ

投資信託に関するお問い合わせは
コールセンターまでお電話ください

0120-104-694

受付時間は営業日の午前9時~午後5時です

当社では、サービス向上のため、お客さまとの電話内容を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。
当社は録音した内容について、厳重に管理し適切な取り扱いをいたします。

よくあるご質問はこちら

フッターの先頭です