社員インタビュー 008

社員インタビュー 008

2011年新卒入社
文学部出身
経営企画業務担当

畑違いの分野への挑戦も、人材育成制度に惹かれて入社を決意

入社を決めたきっかけは何ですか

資産運用に関する業務内容が持つ、専門性の高さに興味を持ったことが入社を決めたきっかけです。
学生時代は文学部でしたので、投資信託の知識はあまり持っていませんでした。説明会や面接を通じて、専門性の高い仕事内容に興味を持ったのですが、同時に、「知識の浅い私でも大丈夫なのか?」と、不安も抱きました。ですが、文系理系、性別問わず、先輩方が活躍していること、研修やジョブローテーションなどの人材育成制度が整っていることなどから、「この会社で働いてみたい」と決意しました。

どのような業務を行っていますか

社員インタビュー008:経営企画業務担当写真1

経営企画部に所属し、会社経営に関わる企画の立案や調整などが基本業務です。具体的には、経営計画の作成、各種会議の取りまとめ、決裁手続きの管理、社内規程の整備などを行っています。社内的な対応が多いので、常日頃から他部署の方々とコミュニケーションを取ることを意識しています。
また、業務内容も多岐に渡りますので、常に広範囲にアンテナを広げ、柔軟性を持って仕事をすることも心がけています。

業務が多岐に渡る分、多くの知識と経験を得ることができる

現在までのキャリアパスを教えてください。
その中でやりたい事はどのように変化していきましたか。

もともとは一般職として入社して、投信計理業務に携わっていました。ですが、業務の幅を広げ、キャリアアップをしていくために、職種転換を決意しました。そのために資格取得などに励みながら、先輩や上司に熱意を伝え続け、2014年に実際に転換することができました。
社員一人ひとりの声を聞き、チャンスを与えてくれる社風だからこそ、目標に向かっていくことができたと感じています。
今後も、特定の業務にこだわらず、さまざまなことに挑戦してキャリアアップにつなげていきたいと考えています。

自分が思う、仕事の面白みと大変だったことを教えて下さい

現在の部署に配属となってまだ日は浅いですが、業務内容は多岐に渡り、幅広い知識を求められます。投信の知識はもちろん、業界や市場、法令の動向を常に意識しなくてはなりません。時折壁にぶつかることはありますが、日々新しい経験を積み、知識を吸収していくことは、とてもやりがいのあることでもあります。
それに、困難に行き当たっても、先輩や上司の方々がフォローしてくれますので、これからも周りの人から学ぶ姿勢を忘れずに、実力をつけていきたいと思っています。

働く上で大切にしていることは何ですか

社員インタビュー008:経営企画業務担当写真2

組織で働く以上、コミュニケーション力が最も重要なものだと感じています。
たとえば、社内調整をするときには自分の都合だけを考えるのではなく、相手の意見や状況を考慮し、スムーズに仕事を運べるようにするなどです。効率よく業務をこなすには、周囲とのコミュニケーションがあってこそ、ですから。

休日の過ごし方

まとまった休暇を得ることができたときには、海外旅行をします。日常では得られない刺激や発見があるので、これからもいろんな場所に出かけていきたいです。

学生へ一言メッセージをお願いします

当社は、女性の定着率が高い会社ということも特徴のひとつです。育児休業をはじめとした各種制度が整っているので、女性も安心して働くことができる環境です。
「学びたい」という気持ちを持って、積極的に動くことが就職活動には一番大切なこと。自分の専攻分野や性別は問わず、たくさんの学生の方にチャレンジしてもらいたいと思います。