社員インタビュー 002

社員インタビュー 002

2012新卒入社
法務研究科出身
営業・商品企画担当

周囲とは異なるバックグラウンドを受け入れてくれたことへの恩返し

入社を決めたきっかけは何ですか

学生時代、経済ではなく法律の勉強をしていました。それは、少年非行について関心を持っていたから。ですが、少年の非行について学べば学ぶほど、根本的に解決するためには子どもの貧困と向き合わなければならないという思いを抱くようになり、「社会全体の豊かさを底上げする」ということを目標に立てました。そして行き着いたのが、この資産運用業界です。
そんな、周りとは少し違ったバックグラウンドを持つ私を受け入れてくれたことにとても感激し、当社のため、目標のために力を尽くそうと、入社を決意しました。

どのような業務を行っていますか

社員インタビュー002:営業・商品企画担当 写真1

現在は、営業企画部と商品企画室を兼務しています。
営業企画部では投資信託のマーケティングを担当しています。自社のビジネスや業界の動向、商品などを細かく分析し、今後どのような施策、アクションを取っていくかを社内に提案します。実施したことの成果を分析し、反省点や改善点をどうやって次に活かすかを検討することも重要な仕事です。
商品企画室では、マーケティング活動を通して得た知見をもとに、どのような商品を作っていくかを検討することが主な業務です。アイディアを練るために、海外の運用会社の方とお会いして、ディスカッションする機会も多くあります。

世界とつながる感覚にワクワクしています

現在までのキャリアパスを教えてください。
その中でやりたい事はどのように変化していきましたか。

入社後、商品企画部に配属され、先輩のお手伝いをしながら投資信託の基礎について学びました。その後、商品開発部に移り、法定開示書類の作成や海外の企業とのやり取りのために英文契約書の検討を行ったり、オペレーションを組み立てたりと、投資信託の組成を担当しました。
入社からの3年間で、与えられた商品コンセプトの実現方法を網羅的に学ぶことができました。ですが、次第に、与えられるのを待つのではなく、自分から商品コンセプトを作りたい、投資信託という仕組みが実現できる価値についてもっと考えたいと思うようになり、現在の営業企画部を希望しました。

自分が思う、仕事の面白みと大変だったことを教えて下さい

若手であっても、1人のプレイヤーとして責任感を持って取り組むことが求められます。調べて、考えて、一つひとつを突き詰めて業務に当たる。当然、大変なこともありますが、責任感を持って取り組むことで、世界中のプレイヤーが豊かさを生み出すために知恵を絞っているステージに自分も立っているんだと実感できます。投資信託を通して世界とつながる、その感覚に、いつもワクワクしています。

働く上で大切にしていることは何ですか

社員インタビュー002:営業・商品企画担当 写真2

周りの方々に助けていただいているからこそ、仕事をすることができます。そのため、周囲に不快な思いをさせたり、不安にさせたりしないように、誰に対しても、真摯に、誠実に、笑顔で接することを心がけています。
また、自分の気持ちや考えを整理するための時間を確保することも日頃から意識しています。「どうしたらもっと上手に時間を使えるか」「仕事の方向性はこれでいいのか」「自分は今何を感じているのか」といったことをゆっくり考えると、不思議とポジティブな力がわいてくるんです。

休日の過ごし方

休日は、集中的に家事をすることにしています。家中をピカピカに掃除して、手をかけて料理を作ったりすると、リフレッシュします。きれいな景色や温泉を求めて、ドライブに出かけたりするのも楽しみのひとつです。

学生へ一言メッセージをお願いします

就職活動は、夢を深掘りする良い機会だと思います。
自分の夢や理想像というものは、自分で分かっているようでいて、実は漠然としていたり、シンプルに言語化できなかったりします。そのため、就職活動の中で自分の夢を深く知り、行動していくと、夢を実現するための道が具体的に見えてきます。思わぬ業界や仕事が、あなたの夢とつながっているかもしれませんよ。